ようこそ、カガクでネガイをカナエル図書館へ。
カネカ透明樹脂物語
カネカ透明樹脂物語 “あかり”の歴史に変革をもたらし、今や省エネの代名詞のように言われるLED(発光ダイオード)。視認性が高く寿命が長いという特長も、大きな魅力です。ただ、LEDの開発当初は、「LEDの光は暗すぎて日常生活には使えない」と言われていました。 明るさをアップするためにはLEDチップの性能を上げればいいのですが、LEDチップの性能を上げると、LEDを包む樹脂の部材が熱と光で劣化してしまいます。 これまでLEDを包む一般的な透明樹脂素材には、「エポキシ樹脂」や「シリコーン樹脂」などが使われてきました。しかし、「エポキシ樹脂」は強度は高いものの熱や光に弱く、「シリコーン樹脂」は熱や光には強いものの強度が十分でないなど、素材によって一長一短がありました。LED実用化のためには「熱と光の両方に強く、しかも透明度が高い」これまでにない樹脂の開発が絶対条件。しかし、どの素材メーカーも、この難問に頭をかかえていました。 この壁をのりこえて、なんとか世の期待に応えたい。カネカは課題を解決するため、研究スタッフは実験に実験をかさねました。そして、有機化合物と独自技術で合成した原料をハイブリッド化することで、熱にも光にも強い透明素材を、とうとう完成させたのです。 さらに今後は、この樹脂の素材特性を活かし、センサーの封止剤や光学用の接着剤など、さまざまな用途に広げていく予定です。 LEDの光をもっと明るく、そしてもっと身近にすることで、カネカはこれからも、わたしたちみんなの社会を明るく照らし続けます。 熱と光の両方に強く、透明度も非常に高い

※拡大表示の本をクリックすると、元のサイズに戻ります。
※iPadからご覧の場合は、2本の指で画面に触れて頂くことで拡大表示の本をスクロールすることができます。