ようこそ、カガクでネガイをカナエル図書館へ。
女性は髪で、もっと美しくなれる
女性は髪で、もっと美しくなれる 「ヘアスタイルは、女性の命。」それは昔も今も変わらない真理。古代エジプトでは、公式の場で“かつら”をかぶるのが貴族の習慣だったそうですし、現代では、ウィッグやエクステンションが世界中の女性に愛されています。しかし、そんな世界のウィッグ市場に近年、暗雲がたちこめてきました。高級品の素材として使用される“人毛” の流通量が主要供給国の経済発展により激減し、価格が一気に跳ね上がってしまったのです。「このままいくと、いつか人毛ウィッグがなくなってしまう・・・」世界中の美容関係者が、その状況に頭を抱えていました。そんな危機的な状況に一筋の光をもたらしたのが、カネカの新技術。カネカは、人毛に限りなく近い“蛋白繊維”を世界で初めて開発しました。 「カネカロン ULTIMAR」と名付けられたこの製品は、髪と同様にタンパク質が主原料。カネカロンシリーズのこだわりで強みでもある、製品の安全性を高めるための「難燃性」は保持したまま、人毛に極めて近い自然な風合いや触感を生み出すことができました。しかも、これまでの合成繊維ではできなかった電気アイロンでのカールセットも何度でもできるようになりました。今、ULTIMAは、人毛に代わる「ウィッグ素材の救世主」として世界中が注目し、愛用者の輪が大きく広がっています。カネカはULTIMA以外にもこれまで様々なウィッグ素材を開発。それらを組み合わせることで、ウィッグ分野でカネカロンブランドは、世界シェアトップを維持し続けてきました。これを実現できたのは、単に素材開発だけでなく、最終製品まで開発・提案できる独自の商品開発体制や発展市場のアフリカで数千件にも及ぶモニタリングなど長い年月をかけて積極的にマーケティング活動を行ってきたからです。「世界中の女性に安全で質の高い美を」カネカはこれからも高い技術力と熱い想いで世の中に驚きを提供していきます。 カネカロン愛用者の輪が世界中にひろがっている

※拡大表示の本をクリックすると、元のサイズに戻ります。
※iPadからご覧の場合は、2本の指で画面に触れて頂くことで拡大表示の本をスクロールすることができます。