ようこそ、カガクでネガイをカナエル図書館へ。
ディスプレイ進化論
ディスプレイ進化論 それまでの「表示するだけ」のディスプレイから、画面を直接「なぞったり、つまんだりできる」タッチパネルディスプレイへ。その劇的な進化がスマートフォン誕生のきっかけになり、タブレットパソコンの操作を一新しました。タッチパネルはもともと駅の券売機や銀行のATM、コピー機の操作画面など、限られた場所でしか使われてきませんでした。しかし、スマートフォンへの採用をきっかけに、活用のフィールドが一気に広がりました。そして、そのタッチパネル開発の鍵をにぎっているのが、「ITOフィルム」。これは、フィルム基板の上に「インジウム」というレアメタルを塗ったもの。ここに電流を流すことで、指先の微細な動きを感知するのです。カネカはこれまで培ってきた技術を駆使して、ITOフィルムの研究・開発に取り組んでいます。実はこれまで、ITO膜にはガラス基板が多く使われてきました。ガラスは安定度が高く、高級感を出しやすいという特長があるためです。また、ガラスにはディスプレイの“電極パターン”が見えにくいという長所もありました。しかしながら、ガラスには「割れやすい」という弱点がつきもの。「電極パターンが見えにくく、ガラスなみの美しさ」を出せる樹脂フィルムが完成すれば、未来は大きく変わるはず。カネカはそう考えたのです。そして数年にわたる研究開発の末、ついに、“電極パターンの見えないITOフィルム”を完成させました。この新製品は、カネカが長年続けてきた太陽電池の「薄膜技術」と、電子材料分野の「光学フィルム技術」の融合のたまもの。難しいといわれてきた透明度の課題も、みごとにクリアされています。この先、近い将来には「曲げられるディスプレイ」が開発されると言われています。その次世代ディスプレイを1日でも早く実現させるために、カネカはこれからも、ITOフィルムのさらなる進化に取り組みます。 “電極パターンの見えないITOフィルム”を完成

※拡大表示の本をクリックすると、元のサイズに戻ります。
※iPadからご覧の場合は、2本の指で画面に触れて頂くことで拡大表示の本をスクロールすることができます。