カネカ・サーファクチン(INCI Name: Sodium Surfactin)は、納豆菌の仲間である枯草菌(Bacillus subtilis)によって生産される環状リポペプチド型のバイオサーファクタントです。7つのアミノ酸が繋がって環状となったユニークな構造を有しており、わずか3ppmから界面活性剤として働き始めるなど、その構造に由来する様々な特性を示します。また、SDSやLASなど他の界面活性剤と併用することで相乗効果が働き、 その能力を向上させることもできます。
さらに、極少量で水も油も内包できる安定なD相(両連続相)を形成できるため、オイルジェルなどのクレンジング剤や微細化粒子乳液の作成に適しています。

  • 他の化粧原料と混合したプレミックス品の形でも提供
  • 欧州認証機関による「オーガニックコスメ原料」の登録済み

製品に関するお問い合わせ

※ご担当者様名、御社名(団体名)、お問い合わせ内容をご記載の上お問い合わせください。

製品名
用途・概要

カネカ プレミックス

化粧品

関連トピックス

Quality of Life

新規事業

有機EL照明パネル

天然界面活性剤

PAGE TOP