CSR

社員とともに 人材育成

当社では、2009年に策定した長期ビジョン「KANEKA UNITED 宣言」をけん引する人材の育成に向けた取り組みを進めています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

人と組織に対する取り組み

K J 

「教育研修制度の拡充」「育成ローテーションの活発化」「戦略的な採用活動の展開」により、グローバルに活躍できる人材の育成に向けた取り組みを早期に実現していきます。
2015年度は、新任幹部職・組織管理者を対象に「スクール・オブ・リーダーシップチャレンジ」を実施し、リーダー人材・経営人材育成策を強化しました。加えて、次世代リーダー研修、海外リーダー研修もブラッシュアップを行いながら継続実施しています。

キャリア・ライフ開発支援

K J 

カネカスピリットを体現する人材育成のために「階層別プログラム」「キャリア開発支援」等のオフ研修(仕事の場を離れて行う能力開発)を充実させるとともに、自らの意志と選択に基づく自律的能力開発の促進のため「自己開発支援プログラム」を設定しています。
2015年度は、キャリア開発・ライフデザイン研修体系を見直し、年齢別にキャリアデザイン研修・ライフデザイン研修を設定しました。また、2014年度の総合職・地域職の職群廃止を踏まえ、旧地域職社員(担当職層)を対象として、キャリア開発およびスキル強化を目的とした「活き活き研修」「マイワーク研修」を実施しました。

■キャリア・ライフ開発支援の実施状況

プログラム名実施回数受講人数
キャリアデザイン研修18回301名
ライフデザイン研修23回257名
活き活き研修8回140名
マイワーク研修7回156名

グローバル人材育成

K J 

「グローバル人材育成プログラム」「海外派遣研修」は制度導入から7年が経過しました。2015年度よりインド、インドネシア等新興国へ若手トレーニーの派遣を拡げるとともに、駐在予定者の赴任地でのホームステイを伴う語学留学の導入等、実践的なスキルやコミュニケーション力の向上を図っています。
また「Multinational Leader Development Program」や「The Leadership Challenge Workshop」等のナショナルスタッフを中心とした海外集合研修では、参加会社を拡大して継続することで、グローバルネットワークの構築、リーダーシップの強化を進めています。今後も、カネカグループ共通のリーダーシップの実践と定着をねらいに、グローバルに研修を展開させていく予定です。

■グローバル人材育成制度(2015年度)

プログラム名内容人数
国内語学研修グローバル人材育成プログラム実践的な外国語コミュニケーションの習得(登録者)2,122人
英語・中国語研修海外ビジネスに必要となる語学の習得121人
海外派遣研修海外トレーニー派遣制度海外グループ会社での1年間の実務経験15人
海外短期トレーニー派遣制度海外グループ会社での自主設定テーマの取り組み(3カ月程度)4人
語学留学制度語学学校への短期留学とホームステイ等を通じた海外経験2人
赴任前語学研修駐在地での赴任前語学習得プログラム2人
人材交流Global Employee Exchange Program海外グループ会社から当社(日本)へのトレーニー派遣2人
集合研修Multinational Leader Development Programグローバル先進企業の事例研究とアクションラーニングの実践(海外)12人
The Leadership Challenge Workshopリーダーシップスキルの習得と実践(海外)112人
(国内)159人
ページの先頭へ