CSR

社員とともに 人材育成

当社では、2009年に策定した長期ビジョン「KANEKA UNITED 宣言」をけん引する人材の育成に向けた取り組みを進めています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

人と組織に対する取り組み

K J 

「リーダー人材・グローバル人材の早期育成」「育成ローテーションの活発化」「採用強化」を通して、カネカグループの変革を支える人材の育成に向けた取り組みを早期に実現していきます。
2016年度は、国内外グループ拠点での「スクール・オブ・リーダーシップチャレンジ」の継続開催等によりリーダー人材・経営人材育成策を充実させるとともに、人事部と各機能部門との連携強化を通して育成ローテーションの活発化に取り組みました。

キャリア・ライフ開発支援

K J 

カネカスピリットを体現する人材育成のために「階層別プログラム」「キャリア開発支援プログラム」等のオフ研修(仕事の場を離れて行う能力開発)を充実させるとともに、自らの意志と選択に基づく自律的能力開発の促進のため「自己開発支援プログラム」の拡充を図っていきます。
2016年度は、新卒(高専卒・大卒)の新入社員を対象とした「初任研修」の実施内容を大幅に見直すことで若手人材の基礎力強化を図るとともに、応募型研修の内容拡充と対象拡大を通して、自己変革を求める社員に多様な学習機会をタイムリーに提供できる環境整備に取り組みました。

■キャリア・ライフ開発支援の実施状況(2016年度)

プログラム名実施回数受講人数
キャリアデザイン研修15回230名
ライフデザイン研修19回172名
介護セミナー5回69名

グローバル人材育成

K J 

「海外派遣型研修」では若手層が早くから海外業務を知る機会として、トレーニー制度の拡充を行ってきました。入社2年目より公募型トレーニーとして海外グループ会社への派遣が可能となり、先進国だけでなくインド・インドネシア等の新興国へ育成の場を広げています。
「グローバル人材育成プログラム(KGプログラム)」では、挙手型の語学研修に加え、事業部門より選抜された駐在予定者や海外業務にかかわる人材向けに、会社が語学取得の場を提供し、実践的な語学スキルやコミュニケーション能力の向上を図っています。
2016年度は「Kaneka Creative Corner」を新設しました。海外グループ会社のナショナルスタッフ次期リーダー層に対して集合研修を実施し、経営層からの直接指導や座禅体験を通じグローバルリーダーの育成強化を行っています。

■グローバル人材育成制度(2016年度)

プログラム名内容人数
国内語学研修グローバル人材育成プログラム実践的な外国語でのコミュニケーション能力の習得(登録者)2,021名
英語・中国語研修海外ビジネスに必要となる語学の習得89名
海外派遣研修海外トレーニー派遣制度海外グループ会社での1年間の実務経験17名
語学留学制度語学学校への短期留学とホームステイ等を通じた海外経験5名
赴任前語学研修駐在地での赴任前語学習得プログラム1名
集合研修Kaneka Creative Cornerナショナルスタッフの次期リーダー層を対象とした、集合研修と座禅体験(海外)10名
The Leadership Challenge Workshopリーダーシップスキルの習得と実践、およびそのフォローアップ(海外)79名
(国内)195名
ページの先頭へ