ESG

トップ > ESG > 社員とともに >労働安全衛生

社員とともに 労働安全衛生の取り組み

当社グループは、「労働災害ゼロ」を目指して、各事業場において、人・設備・原材料・仕組みを観点としたリスクアセスメントを基軸に、さまざまな労働安全衛生活動を推進しています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

労働安全衛生の取り組み

K J 

2016年は、カネカグループの休業災害は10件、不休業災害8件の計18件の労働災害が発生しました。「挟まれ・巻き込まれ」の災害が多く、社員一人ひとりの安全意識の醸成と安全管理面の強化のため、体感装置による危険体感教育や層別の安全教育の実施により、災害発生件数の削減に取り組みゼロ災害を目指します。

■ゼロ災行動指針

◆君も私もかけがえのない人誰一人ケガ人を出さないようにしよう[ゼロ災の決意]
◆安全はみんなで築くもの一人ひとりが安全を考える時間を持とう[安全への参加]
◆安全に妙手は無い基本に立ち返り地道に努力しよう[安全は基本から]
◆危険を予知しよう潜在的危険を撲滅しよう[安全の先取り]
◆災害はすき間で起こる漏れや、すき間が無いかを常に考えよう[99%は0%]

労働安全衛生マネジメントシステムの充実

K J 

当社は、2007年度に当社4工場で中央労働災害防止協会のJISHA方式適格OSHMS認定を取得し、労働安全衛生マネジメントシステムのスパイラルアップを目指した取り組みを継続しています。

■OSHMS 認定取得状況

事業場名所在地認定年月日認定番号
高砂工業所兵庫県2008年3月10日08-28-13
大阪工場大阪府2007年8月21日07-27-10
滋賀工場滋賀県2008年1月15日08-25-6
鹿島工場茨城県2010年12月13日10-8-26

■当社社員/グループ会社社員 休業・不休業災害発生件数

当社社員/グループ会社社員 休業・不休業災害発生件数


■災害強度率・度数率

部署カネカグループ全体当社国内外グループ会社
201520162015201620152016
当社および
グループ会社社員
度数率0.610.560.180.350.740.67
強度率0.010.010.0080.010.010.01

カネカ高砂サービスセンターが兵庫県加古川労働基準協会長・安全衛生優良事業場表彰を受賞

K J 

(株)カネカ高砂サービスセンターは、兵庫県高砂市で環境・福利厚生事業を中心に緑化事業、環境整備作業および厚生施設の管理やコンビニ経営等を行っている会社です。
今回、安全衛生組織が整備され、かつ有効に運営され、労使一体で労働安全・労働衛生に積極的に取り組んでいる事業所および過去3年間以上無災害等の事業場として、兵庫県加古川労働基準協会長・安全衛生優良事業場表彰を受賞しました。
今後も優良事業場として継続できるように、労働安全・労働衛生活動に努めていきます。

カネカ高砂サービスセンターが兵庫県加古川労働基準協会長・安全衛生優良事業場表彰を受賞カネカ高砂サービスセンターが兵庫県加古川労働基準協会長・安全衛生優良事業場表彰を受賞

メンタルヘルス対策

K J 

メンタルヘルスケアは、こころの健康を守るために大切な取り組みの一つです。従来から、各事業場の専門スタッフや外部専門機関に、社員が「こころの悩み」を気軽に相談できる体制を整え、メンタル不調の予防に努めました。2016年度は法令化に伴うストレスチェックを実施し、個人のストレスへの気付きを促しました。また、専門家による面談の仕組みをつくり、高ストレス者に対するケアを行っています。

専門家による面談の様子
専門家による面談の様子

CHECK & ACT

ゼロ災を目指して、「安全意識の向上」を主軸に安全衛生活動を推進してきましたが、過去5年間の発生件数は横ばいとなっています。ゼロ災達成に向けて、「管理者に危機意識を持たせる」、「リスクアセスメントによる危険源の摘み取り」を推進していきます。

ページの先頭へ