CSR

トップ > CSR > 社員とともに >労働安全衛生

社員とともに 労働安全衛生の取り組み

当社グループは、「労働災害ゼロ」を目指して、各事業場において、人・設備・原材料・仕組みの各視点から、リスクアセスメントを基軸としたさまざまな労働安全衛生活動を推進しています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

労働安全衛生の取り組み

K J 

2015年は、カネカグループの休業災害は7件、不休業災害6件の計13件の労働災害が発生しました。「挟まれ・巻き込まれ」と「転倒」「転落」の災害が多く、「一人ひとりが安全な行動を行う」という安全意識の向上と安全管理面の強化を行うために、「挟まれ・巻き込まれ」の体感教育の展開と良好な安全活動の水平展開により労働災害発生件数の削減に取り組んでいます。

■ゼロ災行動指針

◆君も私もかけがえのない人誰一人ケガ人を出さないようにしよう[ゼロ災の決意]
◆安全はみんなで築くもの一人ひとりが安全を考える時間を持とう[安全への参加]
◆安全に妙手は無い基本に立ち返り地道に努力しよう[安全は基本から]
◆危険を予知しよう潜在的危険を撲滅しよう[安全の先取り]
◆災害はすき間で起こる漏れや、すき間が無いかを常に考えよう[99%は0%]

労働安全衛生マネジメントシステムの充実

K J 

当社は、2007年度に当社4工場で中央労働災害防止協会のJISHA方式適格OSHMS認定を取得し、労働安全衛生マネジメントシステムのスパイラルアップを目指した取り組みを継続しています。今後は活動の有効性を吟味し、是正を行うことで持続的なスパイラルアップを目指していきます。
また、「CSR安全・品質査察」において抽出された良好な安全活動事例を「ベストプラクティス集」に取りまとめ国内グループ会社へ水平展開し、安全レベルの向上に取り組んでいます。

■OSHMS 認定取得状況

事業場名所在地認定年月日認定番号
高砂工業所兵庫県2008年3月10日08-28-13
大阪工場大阪府2007年8月21日07-27-10
滋賀工場滋賀県2008年1月15日08-25-6
鹿島工場茨城県2010年12月13日10-8-26

■当社社員/グループ会社社員 休業・不休業災害発生件数

当社社員/グループ会社社員 休業・不休業災害発生件数


■災害強度率・度数率

部署カネカグループ全体当社国内外グループ会社
201420152014201520142015
当社および
グループ会社社員
度数率0.840.610.380.181.120.74
強度率0.020.010.010.0080.030.01

(株)カネカメディックス無災害5年間で受賞

K J 

(株)カネカメディックスは、神奈川県足柄上郡でカテーテル等の医療用機器を製造している社員約130名の会社です。事業所における安全衛生に関する基本事項を小冊子にまとめ、ルール徹底に注力しています。今回、所定期間無災害を継続している優れた事業所として、一般社団法人 日本化学工業協会から無災害事業所の確認認定を受けました。今後も安全活動を継続し、無災害記録を継続できるように努めていきます。

(株)カネカメディックス無災害5年間で受賞

メンタルヘルス対策

K J 

メンタルヘルス対策の取り組みとして、2015年度は、セルフケア研修を各事業場にて行いました。公私ともに環境の変化が大きく、ストレスが増大しやすい、主に30代の社員に対して、現実とのギャップから生み出されるストレスへの気付きとマネジメント手法の習得が研修の目的です。また、メンタル不調者をスムーズに職場復帰させるため、復職支援マニュアルも作成しました。今後も、カネカグループ全体で、からだの健康を守るだけではなく、こころの健康増進にも努めていきます。

メンタルヘルス研修
セルフケア研修

CHECK & ACT

ゼロ災を目指して、「安全意識の向上」と「ルールの運用を徹底させる」ことにこだわり、労働安全衛生活動を進めてきましたが、過去5年間の災害発生件数の推移から見ても、横ばいとなっています。
ゼロ災に向けて、「管理者のリーダーシップの強化」と「重大リスクに重点を置いたリスクアセスメント」を推進していきます。

ページの先頭へ