CSR

トップ > CSR > 取引先(仕入先)とともに > 調達・購買先の環境・社会対応

取引先(仕入先)とともに 調達・購買先の環境・社会対応

私たちは、取引先(仕入先)と相互の企業価値の向上を目指し、公平、公正と地球環境への負荷低減をキーワードとした「調達基本方針」のもと、合理性のある調達活動に取り組んでいます。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

調達基本方針に基づくグリーン調達への取り組み

K J 

カネカグループは、2011年度に「調達基本方針」を制定して地球環境への負荷低減を目指し、グリーン調達に取り組むことを宣言し、それに基づき2013年度に「グリーン調達基準」を制定しています。
グリーン調達への取り組みとしては、全原材料に関する調達先の環境マネジメントシステムの認証取得状況調査、および禁止物質混入調査の実施を計画的に推進しています。

■調達基本方針

(1)
取引先と相互の企業価値の向上を目指した調達活動を推進します。
(2)
地球環境への負荷低減を目指し、グリーン調達に取り組みます。
(3)
公平かつ公正な取引機会を提供し、品質、価格、供給安定性、技術開発力、環境保全、安全確保への取り組み等を総合的に考慮した合理性のある取引を行います。
(4)
国内外の関連法規制を遵守した取引を行います。

資材調達の取り組み

K J 

資材調達部門では、取引先との継続的なコミュニケーションによりパートナーシップ強化に努めています。
これは、刻々と変化する市場環境においてカネカと取引先の双方の目線で価値を共創するとともに、相互のレベルアップをねらうものです。
また、「グリーン調達基準」に則って、取引先における環境面に対する取り組み状況の把握を進めていますが、取引先へカネカの取り組みや姿勢を周知するために、カネカウェブサイトの有効活用を検討し、グリーン調達のさらなる推進に努めていきます。

輸送途上災害に対する物流安全の取り組み

K J 

2015年度も年間計画を立て「パトロールによるイエローカードの携行確認」や「製品特性を理解し輸送時の注意点を意識する教育の場」を活用した安全運転の意識啓発活動を、当社と輸送会社が一体となって実施しました。また、「移動タンク法定検査の実施状況確認」、「シナリオに基づく輸送異常の緊急通報訓練」、高砂工業所が一体となった「毒劇物製品の想定緊急措置訓練」を通して、事故が発生した場合の措置や、速やかに通報することで拡大防止を図るための取り組みを行っています。


協力会社を含めた緊張感あふれる合同実地訓練


塩素ローリー輸送中の事故漏えい処置訓練の様子

CHECK & ACT

カネカグループは、2013年度に制定した「グリーン調達基準」に基づき、2015年度に策定済の調査計画(全既存原材料について当社が定める禁止物質の不含有の確認調査を優先順位をつけて実施する)に従い、2016年度は確認調査を着実に実施していきます。

ページの先頭へ