CSR

トップ > CSR > CSRの推進のために > RCの推進とマネジメント

レスポンシブル・ケアの推進とマネジメント

当社は、レスポンシブル・ケア基本方針、安全に関する基本方針を定め、レスポンシブル・ケアにかかわる規程類を制定し、レスポンシブル・ケア活動を推進しています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

グループ経営

K J 

当社は、グループ経営を重視し、レスポンシブル・ケア(※1)(RC)の理念・方針をグループ会社と共有し活動しています。
環境保全、労働安全、製品安全・品質保証とコンプライアンス面から国内外のすべてのグループ会社を対象として「CSR安全・品質査察」を行い、活動の進捗状況を確認しています。
グループ会社への対応や責務について、当社の「環境安全衛生管理規程」、「品質マネジメント規程」に明記し、グループ会社社員の自律的な取り組みを促し、カネカグループの環境負荷の低減、労働災害リスクの減少、自然災害や製品事故等への危機対応力の向上に努めています。

※1 レスポンシブル・ケア:化学物質を扱う企業が化学製品の開発から製造、使用、廃棄に至るすべての過程において、自主的に環境・安全・健康を確保し社会からの信頼性向上とコミュニケーションを行う活動のこと。当社は1995年の「日本レスポンシブル・ケア協議会(2012年度に日本化学工業協会と完全統合)」発足以来の会員として活動を推進しています。

レスポンシブル・ケア基本方針

K J 

当社は、企業理念に基づき、製品の全ライフサイクルにおいて、資源の保全、環境負荷の低減により、社会の持続的発展と豊かな社会の実現に貢献します。

■レスポンシブル・ケア基本方針

1 自然の生態系の保護と環境負荷の低減
企業活動が地球環境と生態系に及ぼす影響に注目して、製品の全ライフサイクルにおいて環境負荷の低減と省資源・省エネルギーに努めます。
2 安全な製品および情報の提供
当社は安全に流通し、安全に使用できる製品の提供に努めるとともに、製品に関する正しい使い方や取扱方法など、適切な情報の提供に努めます。
3 環境・安全面に配慮した製品・技術の開発
新製品の開発に当たっては、その全ライフサイクルにわたる「環境・安全」に可能な限り配慮し、環境負荷の少ない製品・技術の開発に努めます。
4 廃棄物の減量とプラスチックリサイクルの推進
製造に関わる廃棄物を極力減量します。また当社製品に関連するプラスチック廃棄物の適切な処理あるいは再資源化については、関連業界と協力して、その技術を積極的に開発するとともに、適切な処理および再資源化に努めます。
5 保安防災と労働安全衛生の向上
保安防災は地域社会の信頼の基礎であり、また、労働安全衛生は化学会社が達成しなければならない課題です。当社はこれらの絶えざる向上に努力します。
6 社会からの信頼性の向上
経営者から社員の一人ひとりに至るまで、環境・安全に関する国内外の法・規制・基準類を順守して行動します。また、これらのレスポンシブル・ケアの取り組みを正しく社会に公表することにより、社会から正当な評価と信頼を得ることを期待するものです。

レスポンシブル・ケア推進体制

K J 

当社は、人びとの健康・安全および環境を守る化学産業の活動を広く推進することを目指し、RC活動を行っています。RCの6項目(「環境保全」、「保安防災」、「労働安全衛生」、「化学品・製品安全」、「物流安全」、「社会とのコミュニケーション」)を確実に実施するため、RC推進体制に基づいて活動をしています。
カネカグループ全体の方針と施策を審議・決定し、活動を点検する組織は、CSR委員会委員長として社長が直轄する「CSR委員会」とCSR委員会が統括している4つの部会・会議があり、情報の共有化および課題についての討議の場としています。

レスポンシブル・ケア教育

K J 

当社では、RC教育を計画的に全社員に対して職場、階層、役職ごとに実施しています。入社3年目、新任幹部職を対象にした研修において、環境保全、保安防災、労働安全衛生、化学品・製品安全等のRC項目に関する当社の活動の理解を深め実行できるように努めています。

ページの先頭へ