CSR

トップ > CSR > 株主・投資家とともに > 配当政策と情報開示

株主・投資家とともに 配当政策と情報開示

株主・投資家の皆さまに、安定的に継続した利益還元を行うだけでなく、カネカグループを正確に理解してもらい、信頼と期待に応えられるよう、適時適切な情報開示に努めています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

株主の構成と配当政策

K J 

2016年3月期現在、当社の発行済株式の総数は3億5,000万株、株主数は15,860名となっています。所有者別持株比率は、金融機関が48.9%、外国法人等が27.6%、個人その他が15.1%、以下その他の法人、金融商品取引業者の順となっています。
配当については連結配当性向目標を30%とし、機動的な自己株式取得もあわせ、安定的に継続することを株主還元の基本方針とします(2016年3月期は28.6%)。
また、内部留保資金については、財務の安全性確保を図りつつ、変化の激しい経済状況に対応し、持続的な成長を実現していくために活用していきます。

■所有者別株式分布状況

株主・投資家向け報告書について

K J 

年2回、株主の方へ「株主のみなさまへ」と題する報告書を送付するとともに、株主以外の方にもご覧いただけるようにホームページへ掲載しています。当期に起きた出来事をトピックスとして写真を掲載しながら読みやすく紹介するとともに、中間報告書では、当社の経営戦略等を社長がわかりやすく説明したり、株主の皆さまに関心が高いテーマを特集記事として掲載しています。2010年から表紙を大幅に変更するとともに、2013年からは紙面サイズを大判化させ、誌面づくりに工夫を重ねています。さらに、環境に配慮した植物油インクの使用や読みやすいUDフォントの使用という対応も行っています。

報告書(株主のみなさまへ)

情報の開示とIRコミュニケーション

K J 

当社は、経営理念をもとに経営戦略と経営計画を策定し、その内容が株主をはじめとするステークホルダーに理解され支持されるように、適時適切な情報を開示し、経営の透明性を高めます。
本決算および四半期決算開示後に説明会を実施し、社長もしくは担当役員が説明を行っています。
また、決算短信、有価証券報告書、四半期報告書、アニュアル・レポート、決算概要等をホームページに掲載しています。


アニュアル・レポート2015


IR説明会の様子

CHECK & ACT

2015年度の活動を踏まえ、2016年度も株主・投資家の皆さまへの適切な情報開示を行っていきます。

ページの先頭へ