CSR

トップ > CSR > 地域・社会とともに > 地域・社会への貢献活動(国際貢献)

地域・社会とともに 地域・社会への貢献活動(国際貢献)

カネカグループは、「良き企業市民」としてさまざまなステークホルダーの皆さまに当社について理解を深めてもらうために、社会に対して開かれた透明性の高い企業活動を行うことで、地域社会との関係構築を図っています。

K KANEKA
J JAPAN
W WORLDWIDE

国際貢献

K J 

カネカ高砂工業所、大阪工場、滋賀工場、東京本社

「TABLE FOR TWO(TFT)」に継続参加。当社4事業所社員食堂のTFTメニュー1食から20円をアフリカの学校給食に寄付。(継続実施中)

国際貢献

国連WFP「学校給食プログラム」を継続して支援しています

国連WFPコーポレートプログラムパートナー証書
国連WFPコーポレート
プログラムパートナー証書

カネカは2013年から2015年の3年間、「国連WFPコーポレートプログラム」のパートナー企業として支援を行いました。具体的には、合成繊維カネカロンの販売を通じて、アフリカで購入いただいた当社品の売上の一部を国連WFP(※1)の学校給食支援に寄付しています。3年間で、約70万人の小学校生徒を対象に学校給食を支援しました。また、小学校中退率が高い地域では、食糧不足の家庭の女子に米や植物油を配給する活動も行いました。さらに「WFPエッセイコンテスト2015」に企業として協賛しました。
「国連WFPコーポレートプログラム」のパートナー企業としての支援は、さらに2016年から2018年まで継続することにしました。

※1 国連WFP:World Food Programme。

ページの先頭へ