CSR

トップ > CSR > 特集 > 特集Ⅱ Health Care

特集Ⅱ Health Care

アフリカ女性の気持ちに寄り添い、ウィッグメーカー、
美容サロンとともに女性のQOL向上に貢献。

カネカロンは、明日を前向きに生きたい女性のためのブランド

「少女に初めてウィッグを付けてあげたとき、鏡を見た途端にパッと表情が明るくなって『これが私なの? 信じられない』という顔になりました。人の顔が一瞬でこんなに輝くのを見たのは、初めての経験でした。カネカロンは、明日を前向きに生きたい女性にとって、意味のあるブランドなのです」(カネカロン事業部 技術統括部 技術グループ 織田雪世)。
カネカロンのウィッグは、軽く、編みやすく、自然で美しい外観をもつため、さまざまなスタイリングが楽しめます。アフリカ系女性の毛髪は、縮れていて櫛でとかすのが大変ですが、ウィッグがあれば、ゴージャスな自分にも、エレガントな自分にもなることができます。2015年には、夢に向かって頑張っている女性を応援したいという想いから、ナイジェリアで「ミス・カネカロン」イベントを開催。外面の美しさ、内面の美しさ、2つの選考基準で選ばれた受賞者たちは、自分自身の夢や、それぞれが考えるアフリカンビューティについてスピーチを行いました。「彼女たちの持っているアイデンティティを形にしていくこと、それは文化を作っていくことなのです。今後は、アフリカ全土に『ミス・カネカロン』イベントを拡大していきます」(カネカロン事業部 営業第二グループ アフリカチーム 今津浩志)。
応募総数3,000人以上の中から、TOP 3に入選した女性たちには1年間、カネカロンブランドのアンバサダーとして、多方面で活躍いただく予定です。

アフリカ各国に根を張り、バリューチェーンをサポート

カネカグループが、アフリカ市場の開拓を始めたのは、今から30年以上前、1980年代前半のことです。当時は、アメリカでビジネスを展開していましたが、ニューヨーク滞在中のカネカ社員が、セネガル人がカネカロンのウィッグを大量に買い付けているのを見て、その足で調査のため、アフリカに飛んだのがきっかけでした。アフリカに市場があることを確認したカネカグループは、アメリカでビジネスを展開していたパートナーの会社とともに、セネガルに進出。現在はパートナーであるウィッグメーカー各社と連携し、サブサハラ・アフリカ全域でビジネスを展開しています。

織田雪世カネカロン事業部
技術統括部
技術グループ
地域研究博士
織田雪世

カネカロンのビジネスモデルの特徴は、素材メーカーとしてバリューチェーンの上流に存在するのではなく、自らバリューチェーンを構築している点にあります。美容サロンの美容師に対しては、正しい品質の見極め方や新しいスタイリング方法の教育セミナー、スタイリングコンテスト等を開催しています。またウィッグメーカーに対しては、市場調査をもとに、売れる商品の企画提案や、品質管理方法のアドバイス等を行い、アフリカ市場に新しいスタイルを浸透させてきました。

雇用創出の支援等、積極的なCSR活動を展開

カネカグループのパートナーであるケニアのウィッグメーカーは、従来から現地の美容師学校を支援しており、カネカグループもサポートを行っています。「カネカロンの品質と魅力をエンドユーザーに届けるためには、正しい知識と技能を身につけた美容師を、より多く社会に送り出していくことも重要です。美容師学校でのプロフェッショナル育成は、若者の雇用創出や経済的自立を応援することにもつながります」(前出 織田雪世)。

今津浩志カネカロン事業部
営業第二グループ
アフリカチーム
今津浩志

また、さらに現地に根ざした取り組みにも、いち早く着手しようとしています。「カネカグループは、2016年にアフリカ駐在員事務所を設立しました。パートナーやエンドユーザーの近くに拠点を構え、さまざまなステークホルダーとの連携をさらに深め、刻々と変化するアフリカの動きを捉えて、広く社会や人びとのニーズに応えていきます」(前出 今津浩志)。
新たな雇用の創出や、現地のニーズに応える製品提供や仕組みづくり等社会に貢献することで、多くのステークホルダーとの信頼関係が構築され、バリューチェーンがより強固なものになっていきます。


(1)(7) 現地販売店に赴いて市場動向を探る織田や今津
(2)(3)(6)「ミス・カネカロン」イベント。美容師を含む頭髪業界関係者やパートナー企業関係者等700人以上が来場
(4)カネカロンブランドを手にする現地美容関係者
(5)活気あふれるガーナの市場
(8)カネカロンウィッグを付けて笑顔を向ける現地女性

Stakeholder Message

グレース・アメイ=オベン様
ガーナ・美容サロン組合 会長
FC GROUP OF COMPANIES. CEO
グレース・アメイ=オベン様

カネカは、良質なヘアグッズを
ともに広めるファミリーのような存在です。

FCグループは、美容サロン・美容師学校の経営や関連製品の製造販売を通じて、ガーナの女性に安全で質の高い美を提供しています。また、私が会長を務める美容サロン組合は、約100のサロンで構成されており、美容業界のスタンダード維持・向上に務めています。
カネカのウィッグはガーナの女性にさまざまなスタイルを提案するだけでなく、色落ちや耐光変色が起きにくく、品質がよいと感じています。カネカは、現地スタッフもしっかり育成し、私たちに役立つ情報を共有してくれる等、ファミリーのように信頼できる存在です。これからもアフリカの女性の美や健康に貢献する商品、サービスの提供に期待しています。

ページの先頭へ