CSR

トップ > CSR > 特集 > KANEKA at a glance

KANEKA at a glance

2015年度を中心に、カネカグループの主なCSR活動の成果をご紹介します。

マテリアルバランス(年間)

カネカ4工場の2015年度生産活動におけるエネルギー・資源の投入と各種物質の排出・製品化の状況を一覧でまとめています。

マテリアルバランス(年間)

CSR説明会参加人数

320

2014年度からCSR説明会を国内グループ会社に拡大、2015年度は6社・16拠点で実施、320名が参加

CSRの推進

エネルギー原単位指数

83.5

省エネ活動の成果および生産量の増加等により前年度比が2.9%低減で目標を達成

地球温暖化防止対策

環境関連投資額

752百万円

内訳は大気が44.8%、作業環境23.8%、水質19.6%、騒音6.8%、粉じん2.7%、臭気2.3%。2000年度以降の16年間の累積額は約128億円

環境会計

当社の最終埋立処分率

0.007

廃棄物発生量67,856トンに対しての最終埋立処分量は4.7トンで、最終埋立処分率は0.007%。10年連続でゼロエミッションを達成

廃棄物削減と汚染防止

CO₂排出原単位指数

77.8

当社全工場のCO₂排出原単位指数は77.8であり、2020年度目標74から計算した2015年度の到達目安の77.8を達成

地球温暖化防止対策

ISO9001認証取得数

41事業部/グループ会社

お客様満足度向上のため、品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を41の事業部およびグループ会社で認証取得

当社およびグループ会社の各認証取得状況

不安全箇所の抽出件数に対する改善件数の割合

90.6

物流安全の取り組みを行っている大阪工場。抽出件数は53件、改善件数は48件、実施率は90.6%

調達・購買先の環境・社会対応

連結配当性向

28.6

(2016年3月期)連結配当性向30%を目標として安定的に継続することを基本に活動

配当政策と情報開示

熊本地震に対する支援

1,000万円

2016年4月に発生した熊本地震による被災者の皆さまの救援や、被災地の復興に役立てていただくための義援金として、1,000万円を拠出しました。また現地から要請のあった断熱材カネライトフォーム1,000枚等の支援物資をお届けしました

国際貢献

「TFT」に継続参加

「TABLE FOR TWO(TFT)」に継続参加。当社4事業所社員食堂のTFTメニュー1食から20円をアフリカの学校給食に寄付

「地域・社会への貢献」活動
(国際貢献)

始業時の想定訓練参加者数

6,143

点呼および緊急連絡ルートによる安否確認に重点をおいた想定訓練に6,143名が参加

保安防災への取り組み

ページの先頭へ