ESG

ステークホルダーからの声

「カネカグループCSRレポート2016」をお読みいただいた読者の皆さまからの声をご紹介します。

概要

アンケート実施期間2016年8月5日~10月24日
分析対象期間2016年8月5日~10月24日
アンケート対象資料カネカグループCSRレポート2016
有効回答数422件

■ Q.1 「カネカグループCSRレポート2016」について、どのようにお感じになりましたか?

■ Q.2「カネカグループCSRレポート2016」で、関心をもたれた、あるいは印象に残った記事はどれですか?(複数回答可)

① 地球温暖化防止対策43%
② 廃棄物削減と汚染防止40%
③ 次世代育成30%
④ 地域・社会への貢献活動(環境活動)26%
⑤ 品質マネジメント活動25%
⑥ 生物多様性24%
⑦ 地域・社会への貢献活動(国際貢献)23%
⑧ 地域・社会への貢献活動(地域との共生/貢献)21%
⑨ コミュニケーションがカネカの原点20%
⑨ 地域・社会への貢献活動(次世代育成)20%

特徴的なご意見

■ Q.3 今後さらに充実すべき点、改善すべき点、詳しく知りたい点を教えてください。

  • 社員関連記事(女性活躍、障がい者・高齢者の活用、メンタルヘルス、育休・介護休暇等)や地域社会とのかかわりや現在の事業と今後の指針について充実してほしい思います。
  • 環境への取り組みについて、詳細な活動内容や国際的な問題に対する活動内容、関係者の生の声があればもっと分かりやすいと思います。
  • 「他社よりも直感で分かるレポート」の印象を持ちました。「文字を大きめに」「文字を減らす」「ポイントを絞る」等、一層の工夫を期待します。

■ Q.4 特集についてご意見をお聞かせください。

特集Ⅰ 重点戦略分野「食料生産支援」
カガクのチカラで、世界の食を豊かに

  • カネカペプチドと不凍素材は両方ともにすばらしい取り組みです。それぞれアプローチは違いますが、私たちを取り巻く食の課題解決につながるものだと思います。
  • 食品廃棄物の削減に向けた取り組みに、大いに期待しています。

特集Ⅱ 重点戦略分野「健康」
アフリカの笑顔とつながっています

  • 途上国の課題に対して、事業活動を通じて支援していることに好感を持ちました。WFPの学校給食プログラムの支援を含めて、継続的な活動を期待しています。
  • 長期的にアフリカの貧困や食糧不足で苦しむ子どもたちや女性に寄り添っていこうという取り組みを、特集記事を通して理解することができました。
ページの先頭へ