株式会社カネカ

RECRUITMENT 2019 RECRUIT: Message

採用メッセージ

創造的楽観主義そこにあったのは

1949年に創業したカネカ。
化学産業に身をおくメーカーとして、時代と社会のニーズを先読みし、どのように先手のビジネスを展開するか──
私たちはその難題と常に向き合ってきた。
現に創業当時は不採算事業ばかりで、まさに荒波を乗り越えるというに相応しい努力がなければ、今日のカネカはなかっただろう。

今でこそ幅広く展開する各事業において、
独自の技術力をもってスペシャリティの高い製品を生み出しているが、それは、幾多の困難を乗り越えた末に勝ち得た果実だ。
その成功の裏には、人知れずついえた研究や
競合他社の後塵を拝した事業など、数多くの失敗があり、
その度に、先人たちは悔しさを滲ませてきた。

仕事は創造的なことばかりではない。
会社は楽観的ではいられない。
そんなこと、私たちだって知っている。

しかし、先人たちが起こした数々のブレイクスルーの源泉は、
トライ&エラーを繰り返した先の創造性豊かな発想であり、
そうした社員の挑戦を歓迎し可能性を信じる、
会社の楽観的ともいえる懐の深さだ。

今後、さらなるグローバル企業を目指す私たちの前に、
世界の巨大な企業群が立ちはだかり、
より一層、厳しい競争が待ち受けているだろう。

だからこそ、これまで連綿と受け継がれてきた挑戦心を
継承し、さらに飛躍させる人材が必要だ。

たとえば、30年後──
「創造的楽観主義」そこにあったのは、
「次代を切り拓いた君たちの挑戦」だったと言えることを、
私たちは信じてやまない。

株式会社カネカ
人事部採用グループ

テーマ1 あなたが幸せを感じる瞬間は? あなたが幸せを感じる瞬間は?

深山 智夫

「仲間とのひと時」

我々の仕事は一人ではできません。信頼できる仲間と新たな仕事に常に挑んでいます。大きな仕事をやり遂げた後、そんな仲間と過ごすひと時は何物にも変えがたいものですね。そして、その瞬間が次の活力を生み出していきます。

西中 賢

「どんな時でも」

「あなたは今、幸せですか?」と問われれば、私は迷わず「はい」と答えられます。もちろん辛いことも悲しいこともありますが、それらもまた生きているからこそだと思って楽観的にとらえています。多くの人に支えられ生きている自分は、どんな時でも幸せです。

月見 亮介

「ごはん」

「ひとりでごはんを食べるよりみんなで食事をする方がおいしい」とはよく言いますが、それは仕事にも当てはまると思います。ひとりで仕事をするよりチームで仕事をする方が大きな喜びを感じることができる。カネカにはそんな幸せを感じる瞬間が溢れています。私は仕事でも食事でもそんな最高の仲間たちに囲まれている時間に最高の喜びを感じます。

西尾 未央

「人の笑顔を見たとき」

笑顔の集まる場に立ち会うことが好きです。「仕事は手を抜けないけれど、楽しくすることはできる。それは全て、自分次第」。新入社員のときに、お世話になっていた先輩からいただいた言葉です。このような考えで取り組んでいると、自然と周りに笑顔が増えるはず!

テーマ2 座右の銘は? 座右の銘は?

玉井 和彦

「過去は運命 未来は可能性」

「過去の自分の結果として必然的に今=運命がある。未来の可能性のどれを選んでどう使うかは自分次第」。凹んだ時はこの言葉を思い起こしています。お会いできることを楽しみしています。

村上 和宏

「焦らず 急がず ゆっくりと…」

「40歳は人生の正午」という言葉があります。会社生活は長いです。焦らず、急がず、ゆっくりと・・・だけど、ノンビリせずに自身のキャリアを積み重ね、磨いていってください。

橋本 啓三

「大器晩成」

成功するまで時間がかかる。結果を焦ってはいけない!
焦って目に見える形で「結果」を求めてしまうことが多い。
しっかりと根をのばし、地道な努力をして若く凛々しい足跡を刻みつけていけば、結果が出る。

安栗 正喜

「自分次第」

努力してもなかなか結果が出ない。仕事はそんなことの繰り返しです。結果が出ないときに腐ってしまうのか、なにくそとあきらめずに努力を続けるのか。
成長は自分次第、結果が出ない時にこそ前向きに取り組むことを大切にしています。

竹下 さやか

「為せば成る」

いつも頭の片隅に置いている言葉です。何事もやってみないと何も始まりません。やってみれば意外と簡単に出来たりするかもしれません。自分には無理そうだと思った時や、困難な壁にぶつかった時には「まずはやってみよう」を心がけています。

寺田 桃江

「向き不向きより 前向き」

新入社員の頃、思ってもみない部署に配属されたときに先輩からかけられた言葉です。自分には向いていない、と考えていては吸収できるものも見逃してしまう。何でも前向きに取り組めば、きっとたくさんの気づきに出会えるはず!