株式会社カネカ

RECRUITMENT 2018 WORK: Staff

事務系の仕事

カネカの技術を市場・
お客様とつなぎ、
会社と事業を支える、
事務系社員

カネカの事業がこれほどまでに発展を遂げたのは、さまざまな仕事に携わる事務系社員の活躍があったからこそ、と言えます。化学という融通無碍の技術から多彩な可能性を見出し、多様なお客様のパートナーとなって、価値ある製品とマーケットを育んでいくマーケティング活動やいろいろな場面で会社・事業を支えるスタッフとしての役割……。カネカには、事務系社員ならではの活躍の舞台が限りなく広がっています。

事業部スタッフ

営業

素材メーカーであるカネカのお客様は「最終製品を手がけるメーカー」です。カネカの営業担当者はこれらのお客様の強力な「ブレーン」となって、カネカの人や製品、技術といった資源を活用して、お客様とともに製品を開発していきます。 具体的には、まず、お客様の製品開発の動向や経営の動き、市場の動向などの情報をタイムリーにキャッチ・分析する。そして、これらの情報をもとにお客様の事業の方向性を明確化し、その具体化に向け、営業担当者自らが、コーディネーターとして、カネカの製品だけでなく、技術やノウハウも含めた総合的な観点から導き出されたお客様にとって最良の方策(ソリューション)をいち早く提供する「企画・提案」を行っていくのです。つまり「お客様とともに新たな価値を創造する」というスタンスで開発に関わり、新しいビジネスを仕掛けていくこと、これこそが素材メーカーであるカネカの営業活動の面白さです。

カネカには9の事業部があり、取り扱っている製品や市場そのものが全く異なっていますので、営業活動の進め方は千差万別です。ここでは営業スタイルを4つに分類して、紹介します。

[ 川上型 ]

基礎化学品に近い汎用製品を扱っています。市場が大きく、取り扱う数量・金額共に非常に大きなビジネスです。カネカが市場に与える影響も大きい、と言えます。

[ 川中型 ]

カネカの多くの事業部がこのタイプに分類されます。スペシャリティーの高い中間素材を扱っており、製品・技術をベースにお客様に対し、企画・提案を行います。最終製品に大きな影響を与える素材のさまざまな用途を開拓しています。

[ 川下型 ]

カネカの中でも最終消費者に近い製品を扱っており、加工度の高い製品が多くなります。マーケティング活動を行って、最終消費者のニーズを敏感にキャッチし、その情報をもとにお客様の製品に高い付加価値をつけていくお客様のブレーン的存在になります。

[ 開発型 ]

さまざまな角度からマーケティング活動を行い、新製品の開発や市場の開拓、販売ルートの構築をしています。技術的な知見や市場の動向を鋭く読むセンスが求められています。

管理

事業部戦略スタッフとして、新規事業展開の企画や投資案件に関する検討などを行うとともに、事業部の損益計算書・管理・企画を担当しています。従って、各事業の中期計画を立案し、それをもとに、研究・製造・営業などの各部署の計画の進捗状況を把握・管理し、計画を遂行するためのさまざまな施策をタイムリーに打っていく事業部戦略の中枢機能としての役割を担っていると言えます。

業務

事業部の生産・物流・購買のセンター機能としての役割を担っています。具体的には、工場部門との連携を図りながら、生産計画を立案したり、物流部門・お客様との架け橋として、円滑かつ効率的に製品をお客さまに納入するデリバリー業務、世界中の原料メーカーから、品質の高い製品をより安く仕入れる原料の購買業務などを行っています。

全社スタッフ

経営企画

社長直属の経営戦略スタッフとして、経営の基本方針・戦略、長期計画・中期計画を企画・立案し、その進捗状況の把握、管理を行っています。また、各事業部と連携を図りながら、各事業の戦略を検討・立案・推進していきます。

経理

会社の運営に欠かせない資金の調達・運用からIR活動、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表の作成など、関係会社を含めたグループ全体の損益・資産・金融面に関わるセンター機能としての役割を担っています。

法務

国内外で行われる多種多様なビジネスについて、企業の法的リスクを未然に回避し、利益を最大化するため、法律、訴訟、裁判などの調査・研究、各部門に対しての契約などの審査・指導などを行います。また、問題が発生した場合、弁護士など法律の専門家と連携を図り、スムーズな解決に向けて、さまざまな対策をタイムリーにうっていきます。
法律に関する理解・知識に加え、事業や世界中の多種多様なビジネスについての深い知識と鋭い感覚が求められます。

人事

全社員がその能力を最大限発揮し、成果を実現できるよう人材の配置、公正な評価、人材育成、人事制度の構築・運用など、さまざまな施策を企画・立案・推進することで、厳しい競争に打ち勝つ組織の醸成を図っています。

海外

一言で海外駐在といっても多種多様です。例えば、海外子会社の社長スタッフ・ブレーンとして、人事、経理、決算処理から現地スタッフの管理などを行う「アドミ」というポジションがあります。営業で駐在する場合は、駐在地周辺地域の営業活動をしながら、新規市場の調査・開拓をします。いずれにせよ、現地にしっかりと密着しながら、同時に日本との架け橋としての役割を果たしていく必要があります。
入社2~5年目前後の若手のうちは、数ヶ月~1年の海外トレーニー制度を利用し、派遣先の海外拠点で現地スタッフや駐在員の下につきながら海外での業務に従事することができます。

技術系の仕事

BUSINESS事業を知る
化成品
機能性樹脂
発泡樹脂製品
食品
ライフサイエンス
エレクトロニクス
合成繊維
新規事業
WORK仕事を知る
技術系の仕事
事務系の仕事
PROJECTプロジェクトストーリー
Project Story(R&D)
Project Story(エンジ)
Project Story(営業)
MEMBER人を知る
グローバル対談
研究者対談
エンジニア対談
製造運転技術員対談
高専女性対談
営業対談
女性社員ホンネ座談会
RECRUIT採用情報
採用メッセージ
募集要項(技術系推薦応募・技術系自由応募)
募集要項(事務系アクティブ人材・クリティカル人材コース)
募集要項(事務系達人コース)
募集要項(事務系グローバル人材コース)
外国人留学生の皆様へ
多様性の推進に向けて
グループ会社 採用情報