研究開発活動

トップ > 研究開発活動 > 研究開発の基本

研究開発活動の基本 - 事業活動と一体になった研究開発 -

当社における研究開発活動は、経営活動の牽引的役割を担うべく、専門化学会社として特定市場を選択し高いスペシャリティを備えた製品群を創出することを目標としています。創業以来、高分子と発酵を基幹技術として多様な要素技術とのシナジー効果により現有の9事業部にわたる様々な製品群を生み出しています。

今日、急速なグローバル化、激しい市場の変化、ボーダレスな企業間競争の環境下で生き残るためには、営業部門と研究開発部門との緊密な連携をベースにスピーディな経営判断を下せる研究開発体制が不可欠であることは言うまでもありません。 そうした考えに基づき、当社はマーケティングとR&Dの一体化を狙いとした研究開発体制を展開しています。より専門的・より効果的な研究開発を推進するとともに、21世紀初頭の当社の成長を担う新規事業の創出を狙いに、事業領域及び技術領域ごとに研究所を置いています。

RD重点ドメインの設定、RD戦略技術領域の設定、RDの資源配分の決 定などのRD戦略については、社長を議長とするRD戦略会議によって決定しています。

免責事項 中期経営計画 固有技術とシナジー 研究開発の体制