業務用マーガリン新製品の「コンセブール」が、「2008年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞

お知らせ

業務用マーガリン新製品の「コンセブール」が、「2008年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞

株式会社カネカ 広報室
2009/01/06
株式会社カネカが製造販売する業務用マーガリンの新製品「コンセブール(商標登録申請中)」が、「2008年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞しました。
 

・ 「コンセブール」は、従来のバター風味素材に比較して、バターの香りとコク味を大幅に付与した画期的な香味材を当社が独自開発し、これを使用したマーガリン新製品で、当社は乳感ある脂肪分(バター脂肪)を抽出し、得意とする乳発酵技術をベースとした独自の加工技術(特許出願中)を業界で初めて確立し、大幅な焼き残り安定性を付与した新たな香味材の開発に成功しました。
・ 「コンセブール」は、香味材の添加量をコントロールすることで、バターに近い自然な風味を得ることが可能となり、パンや菓子の焼成後もバターの味・香りが長く保持されることが特徴です。従来の香味材や香料では、パンや菓子の焼成中にバターの風味が飛んだり、焼成後に時間の経過とともに香りが薄くなるという課題を解決しました。

<日経優秀製品・サービス賞>
毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので(審査委員長:吉川弘之東京大学名誉教授)、1982(昭和57)年に始まり、今回で27回目を迎えます。日経4紙に記事として掲載された新製品・新サービスの中から、技術開発性、価格対効果性、業績寄与度、成長性、独自性、産業・社会へのインパクトなどを総合的に判断し与えられる賞で、特に日経産業新聞賞は、素材、消費財、産業用機械などで独創的・先端的な製品に与えられます。2月5日にホテルオークラ東京で表彰式が行われ、表彰状と記念品が贈呈される予定です。 

以 上

お知らせ一覧へ
ページの先頭へ