『ツタンカーメン展(大阪会場)』への協賛

お知らせ

『ツタンカーメン展(大阪会場)』への協賛

株式会社カネカ 広報室
2012/03/08
株式会社カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)は、関西テレビ放送、産経新聞社、フジテレビジョン他が主催する『ツタンカーメン展(大阪会場』に、このたび特別協賛企業として協力することとなりました。このような文化的事業に協賛することは、CSR的に意義のあることと考えております。

会場: 大阪天保山特設ギャラリー (旧・サントリーミュージアム、海遊館となり)
会期: 2012年3月17日~6月3日
ウェブサイト:http://kingtut.jp/

<ツタンカーメン展の概要>
3300年の時を超えよみがえる古代エジプト黄金の秘宝

1965年高度成長期、日本を熱狂の渦に巻き込んだツタンカーメン王の「黄金のマスク」が来日してから約半世紀が経ちました。黄金に彩られた副葬品の数々は、21世紀を生きる私たちを3300年前の世界へといざなってくれます。また発掘に関係した人々が次々に亡くなり”ツタンカーメンの呪い”がまことしやかに伝えられるなど、ツタンカーメンにまつわるミステリーは今も人々の心を惹き付けてやみません。今回の展覧会では、ツタンカーメン王墓から見つかった副葬品約50点など、日本未公開の展示品を含むエジプト考古学博物館(カイロ博物館)所蔵の122点を、元エジプト考古大臣ザヒ・ハワス博士監修のもと展示いたします。

日本初公開の秘宝多数と共に圧倒的スケールでの上陸決定!
黄金のカノポス(ツタンカーメンの内臓が保管されていた器)や、ツタンカーメンのミイラが身にまとっていた黄金の襟飾りや短剣など、ツタンカーメン王墓をはじめ王家の谷などから考古学調査によって発見された、美術的にも考古学的にも大変貴重な品々が日本に上陸します。

少年王ツタンカーメンのミステリーが明らかに!
エジプト史上、最も有名な少年王ツタンカーメンの謎が、科学と考古学の融合によって遂に解き明かされます。世界的なエジプト考古学者ザヒ・ハワス博士は、CTスキャンやDNA鑑定によって、ツタンカーメン王の健康状態、死因、死亡年齢、親子関係など、今まで仮説の域を出ることがなかった真実を明らかにすることに成功しました。この現在も進行中のザヒ博士の研究をもとに、古代エジプトの歴史の中で最も華やかな時代を生きた少年王の真実、素顔に触れることが出来る、斬新で画期的な展覧会となっています。

以 上

お知らせ一覧へ
ページの先頭へ