血栓吸引カテーテルに関する特許権侵害訴訟の和解による訴訟解決について

お知らせ

血栓吸引カテーテルに関する特許権侵害訴訟の和解による訴訟解決について

株式会社カネカ 広報室
2012/05/16
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は株式会社グッドマン(本社:名古屋市 以下、グッドマン社)を相手方とし、同社が製造・販売する血栓吸引カテーテル*(商品シリーズ名「Rebirth(リバース)」)の一部モデルについて、当社が所有する特許第3894224号に対する侵害行為の差し止め及び損害賠償の支払いを求め、大阪地方裁判所に訴訟を提起し、係争を行ってまいりましたが、平成24年3月26日付けで和解が成立いたしましたのでお知らせ致します。本和解が成立したことにより、本件に関する紛争はすべて解決いたしました。なお、和解条項の内容については開示しておりませんのでご了承ください。

*急性心筋梗塞では、心臓の組織に栄養を与える冠動脈に血栓といわれる血のかたまりが詰まり心臓の細胞が壊死する病気で、発症後速やかに血流を再開させなければ死に至ります。血栓吸引カテーテルはこの詰まった血栓を吸引除去する医療機器です。

以 上

お知らせ一覧へ
ページの先頭へ