国立科学博物館重要科学技術史資料への登録

お知らせ

国立科学博物館重要科学技術史資料への登録

株式会社カネカ 広報室
2013/09/05
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)の保有する量産初期の塩化ビニール製造装置が「国立科学博物館重要科学技術史資料」として登録されました。独立行政法人国立科学博物館(館長:林 良博)は、平成 20 年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。平成 25 年度はあらたに22 件の重要科学技術史資料を登録し、今回の登録により合計 135件の登録となりました。今回の登録の概要は下記の通りです。

登録番号:第 00117 号
名称(型式等):塩化ビニール製造装置 (塩化ビニールテスト重合機 5000L塩化ビニール重合機 塩化ビニール反応1号炉 アセチレン発生器)
所在地:大阪府摂津市 当社大阪工場内
所有者:株式会社カネカ 大阪工場
製作者:鐘淵化学工業株式会社(現:株式会社カネカ)
製作年:1950年
選定理由:日本の塩化ビニール工業の発展期初期の製造装置である。鐘淵化学工業(現:カネカ)が1950(昭和25)年に月産能力60トンで工業化した時の実験用重合器及び製造装置(重合器・塩ビモノマー反応器・アセチレン発生器)である。製造法が乳化重合法から懸濁重合法に,また原料がカーバイドから石油に移行する直前に位置し,国内に現存する最古級の製造装置である。

登録証授与式は9月10日(火)14時30分より国立科学博物館で開催されます。

以 上


塩化ビニール製造装置

お知らせ一覧へ
ページの先頭へ