衝撃吸収パッド、紙おむつ装着タイプへの新規参入

お知らせ

衝撃吸収パッド、紙おむつ装着タイプへの新規参入

ー 高齢者の転倒時の衝撃を低減 -

株式会社カネカ 広報室
2014/04/15
 株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:角倉護)は高齢者が転倒した際の衝撃を低減させる衝撃吸収パッドを展開しておりますが、このたび大人用紙おむつ専門メーカーの株式会社光洋(本社:横浜市、社長:高木克昌、以下光洋)の「オンリーワンパンツにはるだけほねガード」に採用されました。

 当社は衝撃吸収パッド付きインナーウェア『カネカヒッププロテクター』(婦人用)を2012年10月から発売しております。『カネカヒッププロテクター』は布製下着と一体化された製品ですが、今回初めて衝撃吸収パッド単体で、パンツ型紙おむつの側面部に面ファスナーではりつけるだけのものを提供することが可能になりました。高齢者が転倒した際の衝撃を低減し、装着時に利用者・介護者の手間もかからないのが「はるだけほねガード」の特徴です。転倒骨折の可能性が高い方の中には、パンツ型紙おむつを着用している方も多数おられます。現在市販されているヒッププロテクターは布製下着と一体化された製品が中心で、パンツ型紙おむつを常時利用している高齢者の方には下着との併用で装着の手間になる、着用時のごわつき感がある、などの不便な点があることが指摘されており、「オンリーワンパンツにはるだけほねガード」はこのようなお客様の声に対応できる商品となります。

 高齢者の増加に伴って、転倒による骨折の事故も増え続けています。その中でも発生件数が最も多く、ダメージも大きいのが大腿骨頸部骨折です。発生件数は年々増加しており2007年の年間約14万人から2030年には約30万人にまで増えると推計されています。大腿骨頸部骨折は、車いすや寝たきりの状態に陥ることもあり、高齢者の自立した生活を妨げる大きな要因になっています。

 衝撃吸収パッドの材料には、カネカが開発した衝撃吸収性に優れるイソブチレン系熱可塑性エラストマー「SIBSTAR®」を使用しております。

 4月17日から19日にインテックス大阪で行われる「バリアフリー2014」のカネカブース(小間番号:2-501)にて、「カネカヒッププロテクター」ならびに「オンリーワンパンツにはるだけほねガード」を出展致します。

http://barrierfree.jp/outline/search_2014_detail/72/

以 上

 

 

お知らせ一覧へ
ページの先頭へ