エネルギーの使用合理化等に関する法律(省エネ法)に基づくベンチマーク達成状況について

お知らせ

エネルギーの使用合理化等に関する法律(省エネ法)に基づくベンチマーク達成状況について

株式会社カネカ 広報室
2014/09/0
経済産業省資源エネルギー庁はこのたびエネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)に基づく、特定事業者から報告されたベンチマーク※の達成状況について、平成25年度定期報告分の達成状況を発表しました。

当社はきめ細かいエネルギー管理を徹底し、省エネ法の判断の基準に掲げられた諸基準を遵守することにより、以下の水準を達成することができました。ベンチマーク達成を維持できるよう取り組みを継続します。

※ベンチマークとは、経済産業大臣が定めた10の事業に対し、目指すべき水準として設定された指標です。事業者はベンチマークを向上または低減させるよう努めることが定められています。

この報告の詳細はこちらをご覧ください。

以 上

(10)ソーダ工業
 目指すべき水準: 3.45 GJ/t以下
 平均値(前年度値): 3.58 GJ/t*(3.59 GJ/t)
 標準偏差: 0.24 GJ/t*
 達成事業者数/報告者数(達成事業者の割合): 6/20(30.0%)
 達成事業者: 鹿島電解(株)
(株)カネカ
信越化学工業(株)
住友化学(株)
東北東ソー化学(株)
(株)トクヤマ
※は経済産業省により、9月8日付差し替え

お知らせ一覧へ
ページの先頭へ