太陽電池同質支持瓦採用工法の販売開始 | 
最新情報

ニュースリリース

太陽電池同質支持瓦採用工法の販売開始

株式会社カネカ 広報室
2012/09/27
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は一般住宅向けの陶器瓦へ太陽光発電システムを設置する工法を開発し10月より販売を開始します。

太陽電池の設置は屋根瓦の上に太陽電池モジュールを設置する工法が一般的です。
通常陶器瓦の場合、架台取り付け瓦としてアルミダイキャスト製の支持瓦を用いる事が一般的ですが、若井産業㈱(本社:大阪府東大阪市)が開発した『陶器瓦製の支持瓦工法』を標準採用することで瓦への負担を軽減させました。設置架台については、瓦同様の段葺きとなる設計を行い、また、屋根面からの高さを低くする事で屋根面にフィットしすっきりとしたデザインに仕上げることを可能にしました。

当工法の特長は太陽電池を瓦ではなく、支持部材を介して垂木に取り付けることで瓦への負荷が軽減されかつ太陽電池の設置強度が確保されます。また寄棟などでは大判の太陽電池の設置が困難な屋根形状でも小分割されたモジュールを採用することでより効率的に太陽電池を搭載させることが可能になります。

当太陽光発電システムは当社100%出資のカネカソーラー販売株式会社(本社:大阪市、社長:泥克信)から販売いたします。



以 上

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ