塩化ビニール樹脂の価格修正について

ニュースリリース

塩化ビニール樹脂の価格修正について

1月21日納入分より、キログラム当たり15円〜20円の値上げ

株式会社カネカ 広報室
2008/01/08
 株式会社カネカ(本社:大阪市北区。社長:大西正躬)は、原料高騰を受け塩化ビニール樹脂(PVC)の販売価格を修正する。具体的には、現行価格に対しキログラム当たり15〜20円以上の値上げとし、1月21日納入分より実施する。対象は汎用PVCの他塩ビペースト樹脂、架橋塩ビ、酢ビコポリマー、塩素化塩ビ等全ての品種で実施する。

 当社は、昨年6月末にキログラム当たり15円の値上げを実施した。しかしながら、その後も原油・ナフサ価格の高騰は続き、昨年10〜12月期のナフサ価格はキロリットル当たり61,000円〜62,000円で推移し、本年1〜3月期の価格は、キロリットル当たり68,000円前後が見込まれる。加えて、原油の高騰が物流、ユーティリティコスト等の上昇を招き、急激に収益悪化が進んでいる。また原油の騰勢は沈静化する気配を見せておらず、さらなる価格高騰のリスクが増大している。

 この間、当社は継続的にコスト吸収の努力をしてきているが、このような原料価格の騰勢に対して、自助努力だけでは限界に達しており、需要家への価格転嫁も避けられない状態となった。

 PVCの海外市況については、一時低迷していたものの、その後反転しており、中国の旧正明けには需要が旺盛となっていくことが予測されることから、輸出価格はさらなる上昇が見込まれる。
今回の値上げは、足元の国内需要が停滞する状況下で、原料高騰分の転嫁のお願いになるが、先行き不透明な情勢下、いつまでも不採算の状況を許容するわけにはいかないと判断した。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ