発泡ポリオレフィン事業、中国(蘇州市)工場を2.5倍に設備増強

ニュースリリース

発泡ポリオレフィン事業、中国(蘇州市)工場を2.5倍に設備増強

同時に営業拠点も拡充し、拡大する需要に対応

株式会社カネカ 広報室
2008/04/10
 株式会社カネカ(本社:大阪市。社長:菅原公一)は、100%出資子会社である蘇州愛培朗緩衝塑料有限公司(本社:江蘇省蘇州市。社長:有井良一)の発泡ポリオレフィンの生産能力(商品名:「エペラン®」)を年産2400トンから年産6000トンに大幅増強し、中国における自動車用部品および緩衝材用途の需要拡大に対応する。稼働予定は、2008(平成20)年秋。併せて、卸売り機能を追加、営業拠点の拡充を図る。設備投資額は約5億円となる。

 近年の中国は、沿岸部を中心とした生活水準の大幅な向上により、自動車市場が飛躍的に拡大すると共に、今夏のオリンピックを控えて薄型テレビの需要も急激に増えてきている。また、世界の工場としてIT機器の生産も、引き続き好調である。このような旺盛な需要を背景に自動車用部品、家電製品緩衝材及びIT機器の通い箱用途で発泡ポリオレフィンの需要が拡大している。

 かかる状況を踏まえ、蘇州愛培朗緩衝塑料有限公司における発泡ポリオレフィンの生産能力を増強し、同時に増大する需要を積極的に取り込み、シェアの拡大を図るため、自動車およびITメーカーが集中する上海、広州に販売拠点として同社支店を新たに設置する。また、自動車分野では日系企業向けを中心に自動車用部品の販売も積極的に展開する計画であり、自社で製造するビーズ以外に、ビーズを委託加工した成形部品の販売も取り扱う。

 当社の発泡ポリオレフィン事業は、日本、米国、欧州、東南アジアとグローバルに展開している。その主たる需要は、LCDやPCを中心とするIT産業関連用途である包装機能材、バンパーコアやツールボックスを中心とする自動車部材である。成長が著しい中国においても生産拠点を確保し、新規市場開拓を進めて需要の拡大を目指してきている。新たに能力増強する中国を含めて5拠点の能力合計は、年産33000トン強となる。

以 上

 
【「蘇州愛培朗緩衝塑料有限公司」の概要】

設 立 : 2003(平成15)年9月
資本金 : 3億円 (2008(平成20)年夏、7億円に増資の予定)
住 所 : 江蘇省蘇州市蘇州工業園区青丘街166号
販売拠点 : 蘇州(2008(平成20)年秋以降、上海・広州を新設)
取扱商品 : 発泡ポリオレフィンビーズ及びその成形品

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ