医療器事業。末梢血管疾患治療用PTAバルーンカテーテルを本格展開

ニュースリリース

医療器事業。末梢血管疾患治療用PTAバルーンカテーテルを本格展開

広範な製品ラインアップによる広い治療ニーズへの適応

株式会社カネカ 広報室
2008/04/22
 株式会社カネカ(本社:大阪市。社長:菅原公一)は、主に動脈硬化によって生じる足の血管の疾患(PAD:Peripheral Artery Disease)や、透析シャント(*)の狭窄の治療用のバルーンカテーテル(**)を本格展開する。すでに昨年よりラインアップを拡大して販売を開始し(商品名:『Genity®』、『イカズチ®PAD』、『不知火®』、『大銀杏®』)、大手病院を中心に高い評価を得ている。
* 血液透析を行う際に十分な血液量を得るために、腕の動脈と静脈を直接つなぎ合わせたもの。
** 医療用に用いられる中空の柔らかい管の一種で、管の先端部に拡張・収縮が可能な小さなバルーン(風船)がついたもの。

 足の血管の疾患用には、心臓疾患用カテーテルの開発で培った小径化の技術を応用することにより、細く曲がった末梢血管においても、バルーンカテーテルの高い通過性・到達性を達成した。また透析シャント用については、血管の石灰化により硬く狭くなった病変を通過するための通過性と、その後、高い圧力で拡張する高耐圧性のバランスをとることが困難であったが、当社が開発した独自技術により、高い通過性を保ったまま国内で最高レベルの耐圧を実現し、病変部分をしっかり拡張することを可能としている。

 足に血液を届ける動脈に硬化が生じると、血管が狭窄して血行不良に伴うしびれや痛みが起こり、悪化すると潰瘍ができ壊死に至ることもある。このため、狭窄した血管をバルーンカテーテルにより拡張し、血流を回復させる治療法は、外科手術に比べて手術時間が短く、入院期間も短くて済むこと、また全身麻酔などが不要なため身体への負担が少ないことから、近年急速に普及してきている。末梢血管疾患治療用PTA(*)バルーンカテーテル市場の伸び率は、毎年10%を越える割合になってきている。

* PTA:Percutaneous Transluminal Angioplasty(経皮経管血管形成術)

 当社の重点戦略分野のひとつである医療器事業は、血液浄化システムを中心とした吸着体事業と、血管内治療に使われる医療用カテーテルを中心としたインターベンション事業を主な柱として展開している。特にインターベンション事業は、得意とする高分子・加工技術をベースに、1994(平成6)年にバルーンカテーテルの開発を開始して以来、常に医療現場とタイアップしながら、独自技術により高い機能性と品質を有し、特徴ある医療用カテーテルを次々と開発し事業を拡大してきている。昨年4月にはベトナムにおける医療用カテーテルの製造販売拠点も竣工稼働した。今後も安全で安心な新製品を継続的に上市し、事業競争力の強化・拡大を進めていく。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ