平成20年度科学技術分野における文部科学大臣表彰を受賞

ニュースリリース

平成20年度科学技術分野における文部科学大臣表彰を受賞

新規な酵素法によるキラル化合物の工業的生産プロセスの開発に対して

株式会社カネカ 広報室
2008/04/22
 株式会社カネカ(本社:大阪市。社長:菅原公一)は、微生物酵素のもつ極めて優れた特徴のひとつである立体選択性を利用した、有用キラル化合物(医薬品原料・ビタミン類等)の生産法の開発に対して、京都大学大学院農学研究科清水昌教授、片岡道彦准教授と第一ファインケミカル株式会社との共同で、平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞開発部門)を受賞した。4月15日に、虎ノ門パストラルにて授賞式が行われた。

 京都大学と当社の共同開発では、特にキラルアルコール類の開発が評価された。カルボニル化合物を選択性高く還元する強力なスーパー酵素を種々そろえてライブラリー化し、さらに高価な水素源である補酵素を生物学的に再生して供給する仕組みを付与することにより、新しいケトンのバイオ還元システムを構築した。

 本件の方法を活用することにより、高温高圧を必要としない水中における温和な条件で、種々の高品質なキラルアルコール化合物の生産が可能となる。更に、経済的メリットのほか省エネルギーと廃棄物低減により環境に対する負荷も少ないという特徴を有している。
本件に関する汎用的かつ効率的な製造技術は、すでに2000(平成12)年度より当社の医薬中間体の工業生産に利用されている。

以 上

 
【参考】

・ 文部科学大臣表彰は、我が国の科学技術分野において顕著な功績を挙げた者に対して、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とする表彰である。
・ 特に、科学技術賞開発部門については、我国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発若しくは発明を行った者に対して授与される。

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ