サプリメント・食品メーカー向け機能性食品素材、植物由来乳酸菌(ラブレ菌)の販売開始

ニュースリリース

サプリメント・食品メーカー向け機能性食品素材、植物由来乳酸菌(ラブレ菌)の販売開始

日東薬品工業(株)と独占的通常実施権許諾契約を締結

株式会社カネカ 広報室
2008/05/28
 株式会社カネカ(本社:大阪市。社長:菅原公一)は、日東薬品工業株式会社(本社:京都府向日市。社長:北尾哲郎)と植物由来の乳酸菌であるラブレ菌の特許、商標、ノウハウ及び菌株に関する独占的通常実施権許諾契約を締結した。本契約に基づき、当社はラブレ菌生菌粉末(商品名『カネカ・ラブレ™』)の製造及び販売を本年6月より開始する。本製品は、機能性食品素材としてサプリメントメーカー及び食品メーカーなどに幅広く供給が可能である。

 乳酸菌には整腸作用及び免疫機能を向上させる働きがあるとされており、生きたまま腸に届くとその効果はより高いと言われている。ラブレ菌(*)は、漬物という塩分や酸度が高く低温の過酷な環境から分離されたことから、腸内で生存する力が優れていることが特徴である。また、海外の学術雑誌においてはヒトの健康維持に焦点を当てた研究成果も発表されている。

* 正式名称は、「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」。(財)ルイ・パストゥール医学研究センター(京都市)の設立者である岸田綱太郎博士が、京都の食品を研究し京漬物「すぐき漬け」から1993(平成5)年に発見した植物由来の乳酸菌。

 当社は、重点戦略分野の事業である機能性食品事業の競争力強化のため、差別化された機能性食品素材の開発、販売を加速させ、豊富な品揃えを実現している。
具体的には、

・ 世界市場で高い信頼を得ている『カネカ・コエンザイムQ10™』
・ 中高年齢層の健康維持に焦点をあてた植物由来ポリフェノールを主成分とする『カネカ・グラボノイド™』
・ 女性の美容に焦点をあてた、高純度の天然型N-アセチルグルコサミン『ヒアルログルコ™』
・ 健康維持に役立つシステインペプチドを含有する酵母の乾燥粉末『カネカ酵母粉末GY』

をこれまで継続的に上市してきている。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ