ポリプロピレン系樹脂の射出発泡成形で、大幅軽量化を実現

ニュースリリース

ポリプロピレン系樹脂の射出発泡成形で、大幅軽量化を実現

3倍の射出発泡成形で、最大50%の大幅軽量化を実現。更なる高発泡化技術を開発し、市場規模の拡大を狙う

株式会社カネカ 広報室
2008/09/18
 株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、独自技術によるポリプロピレン系樹脂の射出発泡成形で、従来にない薄肉3倍発泡により通常のソリッド品に対して30%〜50%の大幅な軽量化を実現した(特許申請中)。3倍発泡による大幅軽量化を武器に、当面は自動車メーカーに売り込み、2010(平成22)年モデルでの採用を目指す。

 ポリプロピレン系樹脂の射出成形品は、軽量性、加工性に優れ、低コストであることから自動車内装部品や家電・日用雑貨部品に多く用いられている。近年、特に自動車内装部品の軽量化要請に対しては、薄肉化や2倍未満の低発泡成形にて対応してきたが、10〜30%程度の軽量化に留まっている。自動車メーカーは、「乗用車等の新しい燃費基準」(2007年7月に、経産省と国交省が交付)に基づいて2015(平成27)年を目標年として乗用車の燃費を2004(平成16)年比23.5%の改善を義務づけられていることから、軽量化を加速度的に推進している。

 通常のポリプロピレン系樹脂は、発泡性に劣るため2倍以上の高発泡化には限界があり、且つ市販の発泡用ポリプロピレン系樹脂は押出発泡用であるため、低流動性であり射出成形が困難となっている。当社は、自社が保有する樹脂改質技術と発泡成形技術を駆使して、高流動性と高発泡性を併せ持つポリプロピレン系樹脂とこの樹脂の特長を活かした大型部品にも適用可能な射出発泡成形技術を、同時に独自開発した。

 期待される需要分野としては、従来のポリプロピレン系樹脂による非発泡射出成形品と同等の剛性を維持し、30〜50%の大幅な軽量化が可能であることから、

・ 軽量化が要求される自動車部品、家電・日用雑貨部品。
・ 外観としては、シボ加工面が従来品と比べて遜色ないレベルであることから、ラゲージボックス等の用途。
・ 更に、ドアトリム等の高度な外観が要求される自動車内装分野。
・ 軽量性が要求される産業資材や建設・土木資材用途等。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ