業界初。新たな抗菌メカニズムを有する樹脂改質用添加剤の開発に成功

ニュースリリース

業界初。新たな抗菌メカニズムを有する樹脂改質用添加剤の開発に成功

日用品、工業製品用途などへ幅広く展開

株式会社カネカ 広報室
2008/09/26
 株式会社カネカ(本社:大阪市北区、社長:菅原公一)は、天然素材であるコラーゲンをベースとし、従来にないユニークな抗菌メカニズムを有する樹脂改質用添加剤の開発に、業界で初めて成功した。コーティング用の表面処理用添加剤として、家電製品、文房具などの日用品や、自動車内装材、壁紙などの工業製品への積極展開を進める。5年後の売上高として約10億円を目指す。

 当社は、アルミニウムを架橋剤として、独自の技術でコラーゲンを高純度に精製・安定化する技術を開発し、多くの機能を持つ樹脂改質用添加剤を作ることに成功した。今般開発した添加剤は、細菌の増殖や生存に必要な栄養素の一つであるリンを吸着・除去する機能を有する。この機能により細菌の増殖を抑制し、アルミニウムのような弱い抗菌力でも細菌数を激減させることが可能となる新しい抗菌メカニズムである。具体的には、MRSA、黄色ぶどう球菌、サルモネラ菌などの細菌に対して幅広い抗菌性を示すと共に、黒変の原因であるクロカワカビなどにも抗菌性を示す。

 さらに、抗菌性以外に以下の特徴を有する。

・ コラーゲンの持つ高い吸放湿機能に加え、さらっとスベスベした心地よい触感を示す。
・ 独自の安定化技術により、加熱や紫外線による変色に対して耐性を示す。
・ 親水性・疎水性樹脂母材や溶剤への良好な分散性を示し、表面処理や塗料用途の改質用添加剤としても良好な特性を示す。

 当技術については、9月11日(木)〜12日(金)に開催された日本防菌防黴学会第35回年次大会にて、「アルミニウムを含むコラーゲンの抗菌作用」という内容で「地方独立行政法人大阪市立工業研究所」と共同発表を行った。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ