製パン・製菓市場での更なる競争力強化を目指し新化食品(株)に資本参加

ニュースリリース

製パン・製菓市場での更なる競争力強化を目指し新化食品(株)に資本参加

イースト事業の更なる強化を目指し出資契約を締結

株式会社カネカ 広報室
2010/06/18
株式会社カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)は、生地改良剤*分野で高いシェアを持つ新化食品株式会社(本社:東京都中央区 社長:原 夏生)と、イースト事業の更なる強化を目指して、資本参加することで合意した。6月に同社の株式を取得し、当社の持株比率は50%となる。これにより、両社が有する得意製品でシナジー効果を発揮し、製パン・製菓市場の顧客ニーズに対して新たな生地や素材の提案力・新製品開発力を強化し、更なる事業拡大を目指す。
*パン生地のイースト発酵を促進させる原材料。パン製造時、パン生地の物性は室温や経過時間などによって変化し、イースト発酵が不安定となり、パンの最終品質に大きな影響を与える。このような課題に対して生地改良剤は、パン生地を安定させ、イースト発酵を促進させる添加物であり工場でのパン製造では重要な原料となる。

新化食品は、製パン・製菓の原材料である生地改良剤、フルーツ加工製品の製造販売を中心とした食品メーカーであるが、一般消費者向けのフルーツゼリー販売などの新規事業が不採算化し、2009年(平成21年)1月に民事再生法の適用を申請した。その後、民事再生計画通りに業績は順調に回復している。

当社は、イースト製品、加工油脂製品を有しており、それぞれの製品で高いシェア・技術力を持ち、同社は生地改良剤製品・りんご加工製品で高いシェアと技術力を持っている。両社は様々な機能で連携していくことで合意しており、新たな生地・素材の研究開発や今後さらに生産並びに物流の効率化、販売面などで業務提携の検討を進めていき、食品事業の競争力強化を実施していく。

<新化食品の概要>
会社名 :新化食品株式会社
代表者 :原 夏生
資本金 :210百万円(当社持株比率50%)
本社   :東京都中央区入船2丁目3番7号
工場   :柏工場(千葉県柏市)、花輪工場(秋田県鹿角市)
営業所 :札幌、盛岡、東京第一、東京第二、東京第三、名古屋、大阪、広島、福岡
事業内容:製パン・製菓用改良剤、フルーツ加工製品、調理パン用フィリングの製造販売・油脂類

 

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ