酸化型コエンザイムQ10に関する欧州特許侵害訴訟提起について

ニュースリリース

酸化型コエンザイムQ10に関する欧州特許侵害訴訟提起について

株式会社カネカ 広報室
2010/10/29
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、10月28日(現地時間)に、酸化型コエンザイムQ10(当社の商品名:Kaneka Q10™)に関する当社の欧州特許(No. 1 466 983)の侵害に対して、中国のコエンザイムQ10メーカーと輸出業者、フランスの輸入業者をフランス・パリ地方裁判所に、中国のコエンザイムQ10メーカーとドイツの輸入業者をドイツ・デュッセルドルフ地方裁判所に、販売差し止め及び損害賠償を求める訴訟を提起いたしました。

当社は、2009年に、中国のXiamen Kingdomway Vitamin Inc.及び米国のPacific Rainbow Inc.を被告として、還元型コエンザイムQ10(当社の商品名:Kaneka QH™)に関する当社特許の侵害に対して、米国カリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所に販売差し止め及び損害賠償を求める訴訟を提起し、その結果、被告が米国での還元型コエンザイムQ10の販売を取りやめる事に同意しました。

当社は、コエンザイムQ10に関する研究開発投資を継続的に行っており、その過程で生じた知的財産は当社にとって重要な経営資源と位置付けております。今回の欧州特許侵害訴訟は国際ルールに沿ってそれらの保護を求めるものです。

以 上

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ