変成シリコーンポリマー(商品名:「カネカMSポリマー®」)の価格修正について

ニュースリリース

変成シリコーンポリマー(商品名:「カネカMSポリマー®」)の価格修正について

本年4月1日より、キログラム当たり20円以上の値上げ

株式会社カネカ 広報室
2011/03/25
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、昨年以来の主原料価格高騰を受け、変成シリコーンポリマー(商品名:「カネカMSポリマー®」)の価格修正を行います。本年4月1日納入分からキログラム当たり20円以上の値上げを実施します。

国産ナフサの値上がりにより、「カネカMSポリマー®」の主原料であるPPG(ポリプロピレングリコール)及びPO(プロピレンオキサイド)の価格が上昇しています。さらに原油価格の高騰で、ユーティリティコストも上昇を続けています。
この原燃料高騰に対し、当社は様々なコストダウン努力を行ってきましたが、自社で原価高騰分を吸収することは極めて困難であると判断しました。

また、弾性接着剤用として使用されている変成シリコーン系接着剤のベースポリマー(商品名:「サイリル®」)も今回併せて価格修正を行い、「カネカMSポリマー®」と同様、本年4月1日納入分からキログラム当たり20円以上の値上げを実施します。

「カネカMSポリマー®」は、1979(昭和54)年、当社が世界で初めて企業化し、変成シリコーン系シーリング材の基材として高層建築用から一般建築用まで幅広く用いられ、建築用シーリング材市場において成長してきています。1997(平成9)年には、増大してきた欧州市場に対応するため、カネカベルギー(株)で現地生産を開始し、また米国においても、2009(平成21)年春にカネカテキサス(株)の新工場を稼働させており、日米欧に拠点を持つグローバル事業として積極的に展開しています。

 

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ