発泡ポリスチレン樹脂の価格修正について

ニュースリリース

発泡ポリスチレン樹脂の価格修正について

5月25日出荷分より、キログラム当たり汎用品25円の値上げ

株式会社カネカ 広報室
2011/05/18
株式会社カネカ(本社:大阪市北区。社長:菅原公一)は、原料高騰を受け発泡ポリスチレン樹脂(製品名 カネパール)の販売価格を修正します。具体的には、現行価格に対しキログラム当たり汎用品25円、特殊品30円以上の値上げとし、本年5月25日出荷分より実施します。

本年3月1日出荷分よりキログラム当たり汎用品で30円、特殊品で45円以上の値上げをユーザー各社にお願いしましたが、その後も新興国を中心とした堅調な需要に加え、リビア等北アフリカ・中東情勢の緊迫化などを背景にして原油及びナフサ等の石油関連製品の高騰が続いております。

このような背景のもと、カネパールの主原料であるスチレンモノマーの価格もナフサに連動して高騰し、カネパールの製品原価は予想を大幅に超える上昇となっております。

当社は、コスト圧縮など、事業収益の改善に努めてきましたが、原料価格の騰勢に対して、自助努力だけでは限界に達しており、事業存続のためには、価格転嫁も避けられない状況となりました。

 

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ