マレーシアで合成繊維生産拠点の開所式を開催

ニュースリリース

マレーシアで合成繊維生産拠点の開所式を開催

株式会社カネカ 広報室
2011/08/16
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、合成繊維事業のグローバル展開を更に強化するため、カネカマレーシア敷地内に100%出資子会社カネカイノベイティブファイバーズSdn. Bhd.(本社マレーシア・パハン州、社長:高木龍一)を設立(2010年10月)し、去る12日10時45分(現地時間)より、当地でオープニングセレモニー(開所式)を開催しました。セレモニーは、マレーシア政府より国際通商産業省ジェイコブ副大臣をはじめ、関係者約60名の出席を得て行われました。

弊社の合成繊維事業の海外売上高比率は90%を超えており、日本国内での生産に加えて中国山東省青島市の青島海華繊維有限公司でも生産を行っていましたが、更にこのマレーシアでの生産拠点を加えることにより、合成繊維事業のグローバル展開を加速します。

合成繊維事業は、現在防護服などの原糸となる難燃分野、獣毛ライクの特性を活かしたパイル分野、人毛ライクの特性を活かした頭髪装飾分野の3本柱で事業展開を行っていますが、近年特に頭髪装飾分野のアメリカ及びアフリカマーケットの需要が旺盛で、この需要に対応することを主に生産拠点設置を決めたものです。

以 上

<カネカイノベイティブファイバーズSdn. Bhd.の概要>
・事業内容:合成繊維の製造・販売
・資本金 :10百万マレーシアリンギット
・設立  :2010(平成22)年10月
・本社  :マレーシア パハン州
・代表者 :社長 高木 龍一
・株主:株式会社カネカ100%

開所式

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ