銅エレクトロプレーティング技術を用いた高効率ヘテロ接合シリコン太陽電池を開発

ニュースリリース

銅エレクトロプレーティング技術を用いた高効率ヘテロ接合シリコン太陽電池を開発

株式会社カネカ 広報室
2011/11/28
株式会社カネカ(本社・大阪市 社長:菅原公一)はIMEC(本部:ベルギー・ルーベン市、CEO:Luc Van den hove)と共同で銀フリーの高効率ヘテロ接合シリコン太陽電池を開発しました。

ヘテロ接合シリコン太陽電池では、集電極の形成に、銀のスクリーン印刷技術が用いられますが、この手法では銀電極の低抵抗化と細線化が困難であること、高価な銀を使用することにより高コストの要因となっています。今回開発に成功した銀フリー手法では、銀のスクリーン印刷を銅エレクトロプレーティングで置き換えることで低抵抗化と細線化および大幅なコストダウンを実現致しました。銅エレクトロプレーティングによる集電極形成についてはヘテロ接合シリコン太陽電池への適用は世界で初めてであります。銅エレクトロプレーティングは、経済的かつ工業的に実証されたプロセスであり、本技術により、銀のスクリーン印刷の弱点を克服できるだけでなく、さらに高い変換効率の実現及び大幅な製造原価の低減が図れます。

本成果は、カネカの保有するヘテロ接合シリコン太陽電池技術に、銅エレクトロプレーティング技術を適用して得られたものであり、6インチ角のヘテロ接合シリコン太陽電池において、透明導電膜上に銅の集電極を形成することにより変換効率として21%以上を達成しました。(IMECにおいて測定したデータによる)

この開発はIMEC研究者の協力を得て、カネカおよびカネカベルギー(太陽電池欧州研究部門、IMEC建屋内、ルーベン市)の研究チームにより得られました。この銀フリー技術は、高効率ヘテロ接合シリコン太陽電池の実用化に向けた新しい一歩となります。今後の工業化に向けた研究開発を進めて参ります。

この研究成果につきましては、2011年11月28日から12月2日まで福岡市で開催される第21回太陽光発電国際会議において、カネカおよびIMECが共同で『High Efficiency Silver-Free Heterojunction Silicon Solar Cell 銀フリーの高効率ヘテロ接合シリコン太陽電池』の題目で発表する予定です。

<IMEC概要>
会社名: imec
事業内容:次世代半導体、システム、太陽光発電に関する研究開発
設立:1984年 ベルギー・フランダース政府により設立
本社:ベルギー・ルーベン市
代表者:Luc Van den hove (President & CEO)
在籍者:1895人(2010年末現在)
ホームページ :http://www.imec.be

以 上

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ