甘草グラブラポリフェノールによる「脂質代謝」向上作用について

ニュースリリース

甘草グラブラポリフェノールによる「脂質代謝」向上作用について

株式会社カネカ 広報室
2012/09/05
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、滋賀県立大学人間文化学部生活栄養学科の灘本知憲教授との共同研究で、甘草グラブラポリフェノール*1に「脂質代謝」向上作用があることを確認しました。この結果は、本年8月29日~31日に藤女子大学にて開催された「第59回日本食品科学工学会」において発表されました。

今回の試験は、女子学生10名を被験者とし、甘草グラブラポリフェノールまたは対照物(プラセボ)摂取4時間後にエアロバイクによる運動を負荷し、呼気ガス分析を行いました。エアロバイクの負荷強度は最大酸素摂取量(VO2max)の10%、20%、30%、40%に相当する値を被験者ごとに設定しました。

その結果、酸素消費量は40%VO2max負荷時に甘草グラブラポリフェノール群がプラセボ群よりも統計的に有意に高い値を示しました(運動時の酸素消費量が高いほどエネルギー消費量が多いことを示す)。呼吸交換比*2においては、運動時に甘草グラブラポリフェノール群がプラセボ群よりも低い値を示し、特に20〜40%VO2max負荷時に有意に低い値を示しました。以上より、甘草グラブラポリフェノールの摂取により、脂質代謝が促進されることが考えられ、さらに、長時間の運動や軽度の運動強度において、その効果がより顕著に現れる可能性が示唆されました。

*1甘草グラブラポリフェノールは、科学的根拠に裏付けされた抗肥満作用を有する機能性食品素材です。その抗肥満作用を検証する過程で、体脂肪を低減する一方、筋肉量を増加すること、更に冷え症の女性において体表面温度を上昇することが明らかになり、甘草グラブラポリフェノールは単なる抗肥満素材でなく、基礎代謝を促進させることにより理想体質に変えうる素材として期待できます。

*2呼吸商とも言われ、体外に排出する二酸化炭素と、体内に摂取された酸素との量の比、二酸化炭素量÷酸素量で計算されます。運動時の呼吸商が低いほど、脂肪燃焼の割合が高いことを示します。

以 上

酸素消費量の推移


呼吸交換比(呼吸商)の推移

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ