更なる物流合理化を目指しカネカ 食品東日本物流センターを竣工

ニュースリリース

更なる物流合理化を目指しカネカ 食品東日本物流センターを竣工

―東西で大型物流センターを構築し物流拠点を集約―

株式会社カネカ 広報室
2012/09/10
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、9月6日に社内外約100名の出席者を得て、カネカ 食品東日本物流センターの竣工式を開催いたしました。倉庫延床面積は約20,000㎡で、約6,000トンの倉庫保管能力を有し、冷蔵、冷凍、常温の倉庫を基本にすべての庫内が調温可能なシステムを完備しています。また、年中無休24時間体制で稼働させ、お取引先からの要望に対してきめ細かくかつ迅速に対応できる物流体制の構築を目指します。

当センター開設の目的は、現在各地に点在する関東圏の物流倉庫を集約することで、カネカ食品事業グループ全体での在庫管理・配送の最適化を行い、大幅な物流の合理化を実現することです。また、2013年11月を目標にAIBフードセーフティ*の認証を目指しており、トレーサビリティ、食の安心・安全の強化を図ります。2010年6月にカネカ 食品西日本物流センター (所在地: 大阪府摂津市 倉庫延床面積約12,000 ㎡) を稼働させており、この東日本物流センターと合わせて、全国レベルでの保管・発送の合理化、物流品質管理を更に向上させ、お取引先からの信頼を得ることで食品事業の競争力強化、事業拡大を目指します。

“AIBフードセーフティ(American Institute of Baking)”とは
米国製パン研究所が開発した、食品生産工程における、健全で安全な食品を提供できる状態を維持するシステムであり、AIB国際検査統合基準として世界で約一万社の食品メーカーに採用されている。その基準を流通倉庫での食品の受入・保管・配送へ適用したものである。

<カネカ食品東日本物流センターの概要>
名称 : カネカ食品東日本物流センター
所在地 : 埼玉県川越市芳野台(川越第二産業団地内)
敷地面積 : 約20,000㎡
建築延床面積 : 約20,000㎡(鉄筋コンクリート造2階建)

 

以 上

 

カネカ食品東日本物流センター外観

竣工式 登壇者: 取締役常務執行役員 小山 信行

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ