ブラジルに新会社を設立、開業記念式典を開催

ニュースリリース

ブラジルに新会社を設立、開業記念式典を開催

株式会社カネカ 広報室
2013/10/30
株式会社カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)は、本年10月1日に、当社関連製品の販売促進、市場調査、技術サービスを行うKaneka South America Representative Ltd. (カネカサウスアメリカレプレゼンタティブ有限会社 以下、KSA )をブラジル連邦共和国(以下、ブラジル) サンパウロ市に設立し、今月22日18時(現地時間)、在サンパウロ日本国総領事福嶌教輝氏をはじめ、取引先、関係者101名の出席をえて、開業記念式典を開催した。

KSAは、米州全体の事業を統括し当社のグローバル展開を強力に推進していく目的で2012年4月に設立した米州統括会社Kaneka Americas Holding, Inc.(カネカアメリカズホールディングInc.)初の南米拠点であり、今後経済成長が見込まれるブラジル市場をはじめ、中南米での事業拡大を加速させるとともに、当社の技術・製品を活かして新市場を開拓することを狙いとしている

現在ブラジルは世界第5位の人口と世界第6位のGDP規模を有しており、2014年にサッカーワールドカップ、2016年にオリンピック、2020年に万国博覧会の開催が予定されるなど、ますますの経済発展が期待される。KSAは現地発信型の拠点として、ブラジルを中心とした中南米市場の成長力を最大限に取り込み、当社のグローバル展開を加速させる一役を担う。

以 上

【Kaneka South America Representative Ltd.の概要】
事業内容 :当社関連製品の販売促進、市場調査、技術サービスの提供
資本金  :2百万レアル
株主構成 :株式会社カネカ90%、カネカアメリカズホールディングInc.10%
設立 :2013(平成25) 年10月1日
所在地 : ブラジル連邦共和国 サンパウロ市
代表者 : 工藤 一樹

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ