BASFアクリル系モディファイヤー事業譲受に合意

ニュースリリース

BASFアクリル系モディファイヤー事業譲受に合意

株式会社カネカ 広報室
2013/12/06
 株式会社カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)の子会社であるKaneka Belgium N.V.(本社: ベルギー王国 ウエステルロー 社長: 木村雅昭 以下、Kaneka Belgium)は、BASF SE(本社:ドイツ連邦共和国 ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン 会長兼CEO: Kurt Bock 以下、BASF)と、同社のアクリル系モディファイヤー*事業譲受に合意し、資産譲渡契約を本年12月4日に締結した。資産譲渡契約の対象は、同事業に関連する無形資産及び棚卸資産であり、生産設備の譲渡や社員の移籍は伴わない。譲受後のアクリル系モディファイヤー製品は、Kaneka Belgiumまたは、その子会社であるKaneka Modifiers Deutschland GmbH(本社:ドイツ連邦共和国ヴェセリング 社長:木村雅昭)での生産を予定している。
 譲受にあたっては欧州連合競争法上の当局承認が必要である。

*アクリル系モディファイヤーは、塩化ビニル樹脂やエンジニアリングプラスチックスの耐衝撃強化剤や加工助剤として使用されている。

 アクリル系モディファイヤー事業を非コア事業と位置付けるBASFと、モディファイヤー事業を中核事業と位置付け、世界展開を積極的に進めるとともに、アクリル系モディファイヤー事業の更なる強化を目指す当社の意向が一致し、今回の契約締結に至った。

 Kaneka Belgiumは、2011年のEvonik社 からの事業譲受に引き続き、今回のBASFからの譲受により、欧州におけるアクリル系モディファイヤー事業の強化を図る。

以 上

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ