「クリーブランド美術館展─名画でたどる日本の美」に当社有機EL照明パネルが採用

ニュースリリース

「クリーブランド美術館展─名画でたどる日本の美」に当社有機EL照明パネルが採用

―雷神図屏風「伊年」印 の展示照明に120枚の有機EL照明パネルを使用―

株式会社カネカ 広報室
2014/01/09
 株式会社カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)の製造・販売する有機ELパネルが、東京国立博物館にて2014年1月15日から2月23日に開催される「クリーブランド美術館展─名画でたどる日本の美」のメイン展示である雷神図屏風「伊年」印の展示照明として採用されました。ガラスケースの内側より、白色の有機EL照明パネルを120枚使用して照らします。

 採用された理由は次のとおりです。①パネルが薄く、軽く、発光に伴う発熱も抑えられるため、展示物や展示空間と調和した照明設置が可能である。②面で発光し全体的に柔らかく照らすため、強い影ができにくい。③描かれた当時の環境に近い光で全体を照らすことができ、作品のもつ色合い、立体感をよりリアルに見せることができる。
有機EL照明パネルで照明することにより、雷神の身体は立体的に浮かびあがり、背景の金と墨は湿った雨雲が渦巻くように見え、当照明によって作品がより魅力的に観覧することが可能となりました。

 日本絵画をはじめ、あらゆる絵画・美術品の展示照明分野に当社有機EL照明パネルを積極展開し、新しい用途を開拓するとともに、グローバルで市場創生期を迎えつつある有機EL照明市場において確固たるプレゼンスを築き、更なる事業の拡大を目指します。

 

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ