食品安全に関する国際規格「FSSC22000」の認証を取得

ニュースリリース

食品安全に関する国際規格「FSSC22000」の認証を取得

 

- 更に安心・安全な製品の提供を推進 -

株式会社カネカ 広報室
2014/01/28

 株式会社カネカ(本社:大阪市 社長:菅原公一)は、当社食品事業部の製品を製造する4拠点(*1)において、食品の安心・安全の管理体制の更なる向上をめざして国際認証規格である「FSSC22000」(*2)の認証を取得しました。加工油脂製品で製造4拠点の認証を取得したのは業界で初めてのことです。

 昨今、食品の安全に関する問題が発生しております。当社はFSSC22000に認証された食品安全システムを継続することにより、お客様に安心・安全な製品をお届けできるよう、品質管理を行います。更なるレベルアップを図ることで、当社食品グループ全体で食品の安全マネジメントを推進し、食品事業の拡大を図ってまいります。

 当社は、イースト、マーガリン、ショートニング、ホイップクリーム、フラワーペースト、バタークリーム等の製品を製造、販売しております。食品衛生法にもとづき、安心・安全な製品をお届けするため、日ごろより安全な品質の確保に取り組んでおります。品質マネージメントシステム(ISO9001)認証を取得、又、食品リスクに対してハード面、ソフト面を管理する仕組みにも取組み(AIB活動)、安心・安全な製品を製造し販売してまいりました。この度「FSSC22000」を認証取得することにより、国際的にも通用する更なる安心・安全でお客様に満足頂ける製品を製造・販売できる体制を構築することができました。
国内販売は元より海外への販売も視野に入れ食品事業グループ全体で、食品安全マネジメントを推進・強化してまいります。

*1 製造4拠点  株式会社 カネカ 高砂工業所 食品部(2013年12月20日認証取得)
株式会社 カネカフード       (2013年12月20日認証取得)
株式会社 東京カネカフード     (2013年12月20日認証取得)
太陽油脂 株式会社         (2013年11月29日認証取得)

*2 「FSSC22000」とは食品安全マネジメントの国際規格ISO22000及び食品安全のための前提条件プログラムISO/TS22002-1と追加要求事項を統合した新しい食品安全システムの国際規格です。(Food Safety System Certification 22000)現在 この認証を取得することを購買の基準、推奨する食品メーカーが増加しており、食品安全の判断基準となりつつあります。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ