当社食品グループ主催の展示会フードフェスタに新製品3品を出展

ニュースリリース

当社食品グループ主催の展示会フードフェスタに新製品3品を出展

―新しい付けマーガリン、純生クリームブレンド用乳素材、天然素材フレーバーを開発―

株式会社カネカ 広報室
2014/02/27
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:菅原公一)は、
①製菓製パンメーカー向け:ハイフレッシュHG・・・高級発酵バター風味を備えた高級志
向のパンや菓子向けコンパウンドマーガリン
②洋菓子専門店向け:ラシェンテα・・・純生クリームに一定割合でブレンドすることにより、純生クリームの風味を損なわず、ホイップ作業の安定化や良好な保型性が得られる純生クリームブレンド用乳素材
③飲料、製菓市場向け:カネカフレーバーバニラ100、カネカフレーバーシトラスベース・・・当社の独自抽出技術により天然素材より抽出したフレーバー
を開発し、4月から全国5都市で開催する当社食品グループ主催の展示会フードフェスタに出展するとともに本格販売を開始する。

日経なんでもランキングで、「トーストの風味を引き立てる絶品バター」で発酵バターがベスト3を独占していることが示すように発酵バターの人気が高まっている。ハイフレッシュHGは有名なリテールベーカリーのシェフが認めるフランス ポワトゥシャラント地域産発酵バターをベンチマークとし、喫食時に感じられるキー成分を調整することによりポワトゥシャラント地域産発酵バターの風味をコンパウンドマーガリンとして実現した。製菓製パン顧客の高級志向菓子および菓子パン分野をターゲットに、3年後に売上3億円の販売を目指す。

ラシェンテαは純生クリーム本来の風味を損なわず、ホイップ作業の安定化や良好な保型性が得られる純生クリームブレンド用乳素材である。純生クリームの20-30%を当製品に置き換えて使用する。原料は北海道産生乳を使用し、添加物は天然乳化成分のみを使用することで、純生クリームに近似した脂肪球被膜構造を形成し、ここにカネカ独自の乳化技術、殺菌製法を組み合わせることで、その特長を実現した。また、当製品を使用することでお客様の原価低減にも貢献できる。純生クリームの使用比率が高い洋菓子専門店への拡売を目指す。

カネカフレーバーバニラ100は、マダガスカル産の高級バニラビーンズを原料としたナチュラルフレーバーである。低温抽出することで、自然で高級感あふれる香味が得られることが特長である。カネカフレーバーシトラスベースは、オーストラリアのクイーンズランド州に自生する常緑樹レモンマートルより独自の抽出技術を用いて抽出したレモンの香味のナチュラルフレーバーである。一般的なシトラス系フレーバーは熱や光で酸化・劣化して異臭が発生するが、当製品は柑橘の主要な香気成分であるシトラールの劣化を抑えることにより、異臭発生の抑制が可能である。また、常緑樹のため、安定供給が可能である。両製品とも、少量の添加で香味が付与でき、飲料、製菓市場での販売を目指す。

以 上

尚、当社食品グループ主催の展示会フードフェスタの開催予定は以下の通りです。
■大阪会場  2014年4月8日(火)・9日(水) 10:00~18:00
大阪市北区中之島5-3-51 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)3F イベントホール
■福岡会場  2014年5月14日(水) 10:00~18:00
福岡市博多区築港本町2-2 福岡国際センター
■東京会場  2014年6月16日(月)・17日(火) 10:00~18:00
       (17日(火)は17:00まで)
東京都大田区平和島6-1-1  東京流通センター 第1展示場
■名古屋会場 2014年6月25日(水) 10:00~18:00
名古屋市千種区吹上2-6-3 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)1階
第1・2ファッション展示場
■札幌会場  2014年9月25日(木) 9:30~17:00
札幌市白石区流通センター4-3-55 アクセスサッポロ

カネカグループにて招待状を事前配布しておりますので、招待状を持参の上、会場にお越し願います。


ラシェンテα

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ