動物用タンパク質医薬品の開発を本格化

ニュースリリース

動物用タンパク質医薬品の開発を本格化

-世界初の猫用貧血治療薬-

株式会社カネカ 広報室
2014/04/01

株式会社カネカ(本社:大阪市北区、社長:角倉護)は、遺伝子組換え技術を応用し、猫用の貧血治療薬の開発を科学技術振興機構研究成果展開事業A-STEP委託開発を活用し進めています。この治療薬は、貧血を発症した猫のQOL(クオリティーオブライフ)改善に役立つものと期待しています。

獣医療の進展やペットフードの改良、飼い主の意識の変化により、コンパニオンアニマル(犬、猫など)の寿命が延長しています。猫は、高齢になると腎不全を発症することが多く、 昨今の寿命の延長に伴い、発症数が増加しています。また、腎不全に起因する貧血(腎性貧血)を発症することが知られています。ヒトの医療においては、腎性貧血患者の方には有効な治療薬がありますが、獣医療においては、これまで猫用の貧血治療薬は販売されていません。

当社では、これまで各種の助成事業に参画し、ヒトの腎性貧血患者用に開発されたエリスロポエチンのような複雑な構造のタンパク質医薬品を効率的に製造可能な遺伝子組換え技術によって、猫用のエリスロポエチンを製造する技術を確立しました。現在、猫用のエリスロポエチンの商業製造の検討および薬事開発を進めており、動物用医薬品としての製造販売承認の取得を目指して、研究開発を加速しています。

今後は、すでに販売している動物用サプリメントのラインナップを増やすとともに動物用のタンパク質医薬品の研究開発を進めて、アニマルヘルスケア分野への展開を強化します。

当社は2009年に制定された「KANEKA UNITED宣言」で健康に関する分野を重点分野の一つと位置付けております。今後も健康、ヘルスケアに貢献する研究および商品開発を積極的に展開していきます。

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ