世界初の複屈折ゼロの光学フィルムを実用化

ニュースリリース

世界初の複屈折ゼロの光学フィルムを実用化

-光学アクリルフィルム市場に本格参入を決定-

株式会社カネカ 広報室
2014/05/16
株式会社カネカ(本社:大阪市北区、社長:角倉護)は日東樹脂工業株式会社(本社:東京都品川区、社長:樋口榮三郎)との共同開発を行って参りましたが、カネカ独自のポリマー分子設計技術および押出フィルム生産技術により、このたび世界で初めて実用物性を兼ね備えた押出法による『ゼロ・ゼロ複屈折アクリルフィルム』の開発に成功しました。

液晶ディスプレイでは、2大欠点「色ムラ・カラーシフト」「高消費電力」の改善のため、光学ポリマーフィルム特有の「複屈折」による画質劣化や光量ダウンの改善が求められています。これに対し、慶應義塾大学より、配向複屈折と光弾性複屈折を同時にゼロとする「ゼロ・ゼロ複屈折ポリマー」の基本原理が提案されました 。*当社は、この基本原理に基づき、機械物性などの実用物性とゼロ・ゼロ複屈折の性能を両立できるフィルムの生産の実用化に、生産コストが優位な押出法を用いて成功しました。

今回開発した『ゼロ・ゼロ複屈折アクリルフィルム』の高機能性が今後の4K2K・8K4Kへ向かう高精細高画質・低消費電力の各種ディスプレイの実現に大いに寄与すると考えています。
現在試験生産および実用化に向けた検討が実施されており、当社が2014年度末より、現行の生産ラインの一部改造により、年産能力1千万平方メートル規模で量産を開始する予定です。更に今後数十億円を投じて、光学フィルム専用のアクリル樹脂生産ラインおよび、フィルム生産ラインの増設を実施、光学アクリルフィルム市場に本格的に参入する予定で、この用途で2016年に売上高200億円を目指します。

また、本フィルムにさらに当社が保有する特殊アクリルゴム技術を付与することで高靱性なアクリルフィルムの試作にも成功しており、これによりの世界最薄 厚さ20μのゼロ・ゼロ複屈折アクリルフィルムの製品化にも取り組む予定です。

今回発表された「ゼロ・ゼロ複屈折フィルム」については、6月1日よりサンディエゴで開催される『SIDディスプレーウイーク2014』にて、新規液晶システム開発中の日東樹脂工業株式会社のブース(521)にて紹介される予定です。

* Akihiro Tagaya, Yasuhiro Koike et al., Macromolecules, Vol. 39, pp.3019-3023 (2006).

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ