抗体医薬品精製用プロテインAクロマトグラフィー担体の販売契約をポール社と締結

ニュースリリース

抗体医薬品精製用プロテインAクロマトグラフィー担体の販売契約をポール社と締結

―グローバル市場での拡販を加速―

株式会社カネカ CSR推進部広報室
2016/02/15
株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:角倉 護)は、Pall Corporation(本社:米国ニューヨーク州、社長 兼 CEO:Rainer Blair 以下、ポール社)と抗体医薬品精製用資材のプロテインAクロマトグラフィー担体(製品名:KANEKA KanCapA)に関する販売契約を締結しました。本契約は、ポール社が本製品をグローバルに販売するための包括的な条件を取り決めたものです。当社製品は2012年に上市し、既に有力各社で採用実績があります。当社製品は、抗体に特異的に結合するタンパク質(プロテインA)の、抗体吸着容量・アルカリ耐性・繰り返し使用に耐える安定性を独自のタンパク質改変技術により高めたリガンド*1高架橋セルロースに固定化することにより、高流速での精製処理を実現した製品です。
ポール社は、フィルターを中心とした分離精製資材を製造販売しており、バイオ医薬品関連の機器、資材、生産システムでもグローバルに高いシェアを有しています。バイオ医薬品製造において、従来型のバッチ式より生産性が向上する連続生産システム*2の開発に注力しており、高度な技術力も有しています。
ポール社は、高流速での処理が可能な高性能製品である当製品を採用することで、培養から精製までの連続生産システムを完成し、新しいバイオ医薬品生産プロセスとして提案が可能となることから、今回の契約に至りました。当社は、従来の直接販売ルートに加え、ポール社のグローバルな販売・技術サービス拠点を通したルートを活用することで事業拡大を目指すとともに、両社で連携し、新技術に対応した製品やサービスの開発を進めることで、6年後に、関連事業も含めて売上高100億円を目指します。
*1 リガンドとは、特定の受容体に特定的に結合する物質のこと。当社製品の場合は、リガンドはプロテインAを指し、受容体は抗体を指す。
*2 抗体医薬品を製造する一連の工程(培養-分離-精製)を連続して行うシステム。バッチ式に比較し、小規模設備で効率的に大量生産が可能になる。
<Pall Corporationの概要>
主な事業内容 : ライフサイエンス製品および工業製品向けろ過・分離・精製機器の製造・販売
本社     : 米国ニューヨーク州ポートワシントン
代表者    : 社長 兼 CEO Rainer Blair
資本金    : 3億3,401万ドル

以 上

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ