変成シリコーンポリマー生産能力を欧州で増強

ニュースリリース

変成シリコーンポリマー生産能力を欧州で増強

-需要拡大に対応、約40億円を投資し生産設備増設-

株式会社カネカ IR・広報部

2017/05/11

株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:角倉 護)は、欧州での旺盛な需要に対応するとともにさらなる事業拡大を目指して、Kaneka Belgium N.V.(本社:ベルギー王国ウエステルロー市、社長:七條 勝利)に、変成シリコーンポリマー(製品名: カネカMSポリマー®*)の生産設備増設を決定しました。生産能力を年産10,000トン増強するもので、投資金額は約40億円、2018年末の稼働を予定しています。これにより生産能力は年産30,000トンになります。

欧州のシーリング材、弾性接着剤市場は、2020年には2015年比約20%成長することが見込まれています。中でもカネカMSポリマー®を基材として使用する接着剤やシーリング材は無溶剤、低温での作業性良さ、良好な耐候性といった特長を持つことから、環境規制の強化にも対応し、大幅な伸びが期待されます。当社は今後より速く硬化するタイプ、より硬く固まるタイプなどの高機能品も市場投入し、欧州でのさらなる事業拡大を目指します。

当社は2017年7月にKaneka MS Malaysia Sdn.Bhd.(本社:マレーシアパハン州、社長:坪内 福生)でカネカMSポリマー®の生産開始も予定しており、日本・欧州・米国・アジアの4拠点体制での生産体制を確立します。今回の欧州での生産能力増強により、グローバル供給体制を強化し、トップメーカーとしての地位をより強固なものにしてまいります。
*カネカMSポリマー® : カネカが世界で初めて企業化した変成シリコーンポリマー。シーリング材や弾性接着剤の基材として使用される。

以 上

<Kaneka Belgium N.V.の概要>
代表者:社長 七條 勝利
資本金:23,5百万ユーロ
本社:ベルギー王国ウエステルロー市
設立:1970年
事業内容:機能性樹脂、発泡樹脂の製造販売

<Kaneka MS Malaysia Sdn.Bhdの概要>
代表者:坪内 福生
資本金:68百万リンギット
本社:マレーシアパハン州
設立:2016年
事業内容:機能性樹脂の製造販売

 

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ