結晶シリコン太陽電池で変換効率世界最高記録を更新

ニュースリリース

結晶シリコン太陽電池で変換効率世界最高記録を更新

―セル変換効率26.63%を実用サイズで達成―

株式会社カネカ IR・広報部
2017/08/25

株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:角倉 護)は、最も普及している結晶シリコン太陽電池のセル変換効率で、世界最高*1となる26.63%を実用サイズ(180cm2)で達成し、昨年当社が達成した記録(26.33%)*2を0.3ポイント更新しました。この成果は、当社が開発を進めている結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)*3で得られたものであり*4、Nature Energyで発表しました*5。また、当社が昨年達成した結晶シリコン太陽電池モジュールの世界最高効率である24.37%*6とあわせて、6月に各種太陽電池の変換効率の記録をまとめた“Solar cell efficiency tables (Version 50)”に世界最高値として掲載されました*7。これらの成果はNatureasia.comにも掲載されています。

当社は太陽電池の変換効率向上、製造コスト低減、信頼性向上などの技術開発に取り組むとともに、今回の成果を活用した高効率太陽電池の製品の実用化に向け開発を進め、ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)やネット・ゼロ・エネルギービル(ZEB)に貢献するソリューションの提供に注力してまいります。

ヘテロ接合バックコンタクト型結晶シリコン太陽電池

*1 2017年8月21日現在、非集光型結晶シリコン太陽電池セルにおいて[株式会社カネカ調べ]。
*2 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)と共同で2016年9月14日発表。
*3 ヘテロ接合技術とバックコンタクト技術を組み合わせた結晶シリコン太陽電池。ヘテロ接合技術は物性の異なる半導体材料を接合する技術で、結晶シリコンとアモルファスシリコンの組み合わせによる欠陥低減や、電気に変換できる光の波長が異なる材料を組み合わせることで変換効率を向上させることができる。バックコンタクト技術は太陽電池の裏側のみ電極をつくり電気を取り出す技術で、電極を裏面に集約することで、受光面を広くできるため、変換効率を高めることができる。
*4 NEDOとの共同研究を通じて得られたものです。
*5 “Silicon heterojunction solar cell with interdigitated back contacts for a photoconversion efficiency over 26%”, Nature Energy 2, 17032, 2017.
*6 NEDOと共同で2016年10月27日発表。
*7 M.A. Green, Y. Hishikawa, W. Warta, et al, “Solar cell efficiency tables (version 50)”, Progress in Photovoltaics 25, 668, 2017.

以 上

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ