カネカ 生分解性プラスチックの海洋分解の認証を取得

ニュースリリース

カネカ 生分解性プラスチックの海洋分解の認証を取得

株式会社カネカ IR・広報部
2017/11/15

株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:角倉 護)は、本年9月に開発商品のポリエステル系生分解性プラスチック(商品名:カネカ生分解性ポリマー PHBH、以下、PHBH)で、海水中で生分解するとの認証「OK Biodegradable MARINE」*1を取得しました。この認証は、積極的にバイオプラスチック*2の採用を進める欧州で最も認知されている認証機関VINÇOTTE*3によるものです。

PHBHは当社が開発した生分解性に優れた100%植物由来のバイオプラスチックであり、現在欧州地域のプラスチック袋用途を中心に市場開拓を進めております。近年では、プラスチックによる陸上の汚染に加え海洋汚染、特にマイクロプラスチック*4による生態系への影響に関する懸念が高まっています。今回、海水中でのPHBHの生分解性が認められたことから、当社は海洋への投棄・漂流の多い漁具・釣具や浮き、藻場再生などの海洋資材*5への用途拡大に取り組んでまいります。
当社グループは、この様なバイオマス由来で生分解性機能を併せ持つ新製品開発などにより、地球環境の問題に対してソリューションを提供してまいります。

以 上

*1 海水中(30℃)で、生分解度が6ヵ月以内に90%以上になること。
*2 バイオマスプラスチック(再生可能な有機資源由来の物質を含む原料より、化学的または生物学的に合成することにより得られる高分子材料)と、生分解性プラスチック(微生物の働きにより分子レベルまで分解し、最終的には二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく性質を持つ高分子材料)の総称。
*3 ベルギーに本社を置く、国際的な認証機関。世界各地に12のオフィスを持つ。2015年3月より「OK Biodegradable MARINE」認証を開始。
*4 2004年サイエンス誌「Lost at Sea: Where Is All the Plastic?」というタイトルの論文が掲載されて以来、研究が活発化。(Science 2004 MAY 7 vol.304, Richard C. Thomson, University of Plymouth)
*5 環境保護の目的で、藻場を再生させるために海藻を岩場に固定する資材。

 

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ