塩化ビニル樹脂の価格改定について

ニュースリリース

塩化ビニル樹脂の価格改定について

―10月21日出荷分より、キログラム当たり12円の値上げ―

株式会社カネカ IR・広報部
2018/09/27

  株式会社カネカ(本社:東京都港区、社長:角倉護)は、塩化ビニル樹脂の販売価格を改定します。10月21日出荷分より現行価格に対しキログラム当たり12円の値上げを実施します。対象は汎用塩化ビニル樹脂の他、塩化ビニルペースト樹脂を含む特殊塩化ビニル樹脂のすべての品種で実施します。

  当社は本年1月に原料価格高騰により価格改定を実施いたしました。その後も国産ナフサ価格は上昇を続けており、その基調は継続するものと予測されます。加えて、物流費やユーティリティコストも高騰しており、事業を取り巻く環境は厳しさを増しております。

  国内需要は引続き前年比を上回る底堅い状況にあります。また海外においても旺盛な新興国のインフラ需要と中国の環境規制強化による供給量の減少から、引き締まった需給バランスが継続しております。

  このような環境下、当社は、安定供給の責務を果たすため価格改定が必要と判断いたしました。

以 上

ニュースリリース一覧へ
ページの先頭へ